一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    ノルグランド傭兵大隊16日目
    今日は試合が行われた。

    まぁ、なんだ。

    一応勝ったわけだが…。
    ………ソルレオンって本当に必殺技名叫ぶのナ。正義貫徹脚とか。斬鉄蹴だったが。

    いや、こっちも叫び返しちまったけどよ。
    相手の狂戦士とデストロイブレードで同時攻撃の交差。
    ちょっと熱くなっちまった。
    まぁ、重傷にはならなんだが…。

    反省すべき点は……個人戦を展開してしまって他の人の補佐にまわれなかったことだな。何やってんだ私。

    皆素晴らしい連携だった、と。


    第一試合の流れとしては先手必勝・手数を奪え。
    初手を装備を軽装で挑んだアヤナさんが先手を取る。
    相手もソルレオンの武道家が同じことを狙ったが衣服と武道着の差か、こっちが先手になったようだ。
    アヤナさんとライナーさんの二人の粘り蜘蛛糸で捕縛
    続いてガウス氏のEノヴァが医術士に飛び、ヤークトさんの一撃が医術士に止めを刺す。
    拘束のせいで重騎士は庇うことすらかなわなかった。
    私は単独というか一騎打ちじみたように狂戦士相手に一撃加えて終了。
    キッカ嬢がアビスフィールドで状態異常からの脱出を引き下げるも、武道家、翔剣士、紋章術士が脱出。
    武道家がヒルド氏を相手取り残りの二人がレイステル嬢を遠隔攻撃で狙うもソニックウェーブをガウス氏が阻みEノヴァは本人が耐えてHW.
    本来ここに加わるはずの牙狩人は拘束されたままだったようだ。

    その後翔剣士の攻撃をヒルド氏がいなしてキッカ嬢がEノヴァで狙撃、ヒルド氏が追い討ちして翔剣士を地に伏せる。
    ヤークト氏重騎士に一撃を加え私は狂戦士と相対し同時攻撃で負傷しつつ狂戦士を仕留めた。
    あとはそのまま優勢の流れが続いて終了。
    爆発力のある攻撃力と生命線を殆ど失った相手にひっくり返す術はなかったようだ。

    第2試合。
    戦法としては補助アビリティで流れを得る。
    デューイ氏のチキンスピードにシファレーン女史の黒炎覚醒。
    相手武人が達人の一撃でハルト氏を狙うも盾で阻み牽制の流水撃で敵前衛に損害を与える。
    ロゼ嬢のEノヴァが忍びに向けられるも第一試合でも猛威を振るった粘り蜘蛛糸が同時に放たれる。
    Eノヴァが忍びを焼き、メロス嬢、ティン氏、シファレーン女史が拘束される。
    その隙にレイ嬢が敵の忍びに止めを刺しに向かうも重騎士に阻まれ、同時にメロス嬢が拘束から脱して鎧聖降臨をレイ嬢にかける
    そして敵の暗黒縛鎖と追い討ちのソニックウェーブ。
    狙いはティン氏だがレイ嬢がソニックウェーブを阻んだ。
    高らかな凱歌で敵が回復。

    ハルト氏の毒消しの風が全員の状態異常を取除き反撃開始。
    シファレーン女史の暗黒縛鎖とそれの反動を受け止めるティン氏の凱歌。
    ロゼ嬢のEノヴァが忍びを焼き、庇おうとしていた重騎士は拘束されたままレイ嬢の飛燕刃が忍びに止めを刺す
    メロス嬢がハルト氏の鎧強度を引き上げ敵の凱歌が拘束を解こうとするが拘束手段が一枚落ちた敵の旗色は悪い。
    ハルト氏が武人の行動を阻み同職対決突入。
    幻惑の足取りでデューイ氏が翔剣士を相手取りつつEノヴァをかわしながら二人を相手に。メロス嬢が重騎士を抑えてレイ嬢とロゼ嬢が彼の吟遊詩人を執拗に狙う。
    (儀礼長剣を持ったメロス嬢を相手重騎士が本当に重騎士か?と首を傾げていたが・・・私には笑えんナ。本当に)
    そしてシファレーン嬢の暗黒縛鎖。捕縛された吟遊詩人に叩き込まれるEノヴァで決着はついた。


    全試合を通して彼らはやはり一本筋の通った性格だった。
    日輪王マグナス曰く
    「諸兄らの戦いぶり、しかと見させて貰った。……日輪王マグナ・アグサスの名において、諸兄らが我等と共に戦う事を認めよう。誇りある列強種族として、共にかの邪悪なる種族に抗しようではないか」
    だそうな。
    我々の力量を認め尊敬するに値すると認められたらしい。
    周囲のソルレオンの空気も仲間に向ける空気へと変じていた。
    第一試合の武道家がガウス氏に親しげに「俺たちに勝った以上はがんばらねぇとはったおす」という趣旨の言葉をかけていたのも印象的だった。

    まぁ、元々彼らとの不仲はこちらの失策にあったのは間違いない。
    その罪を注ぐための足がかりとして、私達は努めよう。

    それにしても、ソルレオンこそ希望のグリモアを求めるべきなのだろうな。
    他の種族を庇い戦うよりも他の種族と完全に力を合せられる希望のグリモアは彼らにとっても必要なものだ。
    後は私達がよき隣人になれることを証明すれば、きっと。




    どうでもいいかもしれないけどソルレオン的必殺技ネーミングメモ
    斬鉄蹴(のローキック);正義貫徹脚
    ソニックウェーブ;音速衝撃刃
    デストロイブレード:天地剣・爆砕
    粘り蜘蛛糸;奥義・烈糸捕縛陣
    ソニックウェーブ+暗黒縛鎖の連携;音速落命陣
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント
    お疲れ様です。
    初めまして、レイチェルの背後です。
    お土産にトロウルの生首を博物館へ御寄贈いただけると(撲殺)。

    で、早速感想を。
    正義の代理人というより濃いだけですな。
    余りに濃くて、おまけに思考が似ているとなると、結婚率が低そうに思うのはいけませんか。
    もし、レイチェルがそちらに参加していたら、漢同志の語り合いで別の意味で盛り上がりそうですが・・・・。
    (貴殿の報告を見る前まで、背後はソルレオンはノスフェラトゥと同じぐらい嫌いでした。)

    それでは
    【2005/09/18 08:18】 URL | レイチェルの背後 #mQop/nM. [ 編集]

    始めまして
    一応シャオルンの手帳と化している以上、キャラレベルでこのコメントにレスポンスは出来ないので私めが返答仕ります。

    ええと、後編も追記しました。

    トロウルの首級は保存技術が思いつかないので骨なら……ええ、まぁすぐにトロゥルとの小競り合いをしなければならないのですが。

    レイチェル氏やユンシャオならば確かに筋肉的会話で盛り上がれたでしょうね。
    少々クセはありますが。

    元々ソルレオンに対しては同盟側のほうに非があります。
    特にカディス関連の対応はまずかったといえるでしょう。
    その辺りは御前会議とカディスへの使者、ソルレオン会戦辺りでご確認いただけるかと。
    彼らのメンタリティは時に単純ゆえに難解すぎて対応しきれない事もありますが、非常に漢くさいので好きな方は本当に好きになれると思います。

    では。
    【2005/09/18 08:43】 URL | シャオルンの背後 #JalddpaA [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://redeye.blog5.fc2.com/tb.php/86-c4630355


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。