一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    武具関連メモ
    文化、文明が世界観の方の縛りはあるものの、割かし自由なので見失いがち。
    地方の名前からくる文化・商品名はアンオフィシャル扱いになるんだろうかね?
    ……セイロン紅茶とか。
    刀の拵えも武蔵拵えとか歌仙拵えとか呼ばないのだろうな。人名、エピソードから来るので。

    転じて。
    好き勝手に拵えの名前や刀鍛冶の名前をでっち上げ可能ですよ奥さんッ!
    っても、漢字とかはアンオフィシャルだのと煩いので「紋章文字の一種」と言い張れば良し!
    …刀鍛冶銘にはこの世界の名前って致命的だよな。

    長曽根虎鉄→コテツ・ナガソネ
    勢洲・藤原朝臣村正→勢洲・ムラマサ・フジワラ

    …朝臣はどこ消えた!
    まぁ、そんな感じ。

    私、シャオルンとしての装飾物の傾向は基本、華美なものよりも無骨だったり地味だったり名物を好む傾向がある。
    ただし、ワンポイントで飾りが入ってたり。
    黒無地に花が一輪、というか。「無骨な中にも華を一つ」という感じ。
    そのせいで少々アンバランスな感じになりかねないけどね。
    鳳仙花なんて鍔の華仙がなければ飾りッ気ゼロの寂しい刀だよな。
    弟はなんか「中華」な雰囲気。龍とか。太極図とか。
    妹は…BU無いから不明。一応イメージあるけど。

    刀に関して。
    基本イメージが胴太貫だから剛刀ばかりになるんだろうか。
    鬼椿は白鞘の長ドスといった風情の予定だったけど……。
    サブウェポン的なのが本来の刀だけに出来るだけ片手での取り回しを考えられていた戦国時代物の丈夫な奴をイメージしてしまう。
    皮鉄と心鉄二層かどうかは考えてないが……二層なら心鉄が深く食い込んだ丈夫な奴であって欲しいな。

    現代日本の話が続くが、「使われてない時代」の刀は正直脆い物が多く、どうすれば丈夫だったかというのは判らずに波紋の美しさなどの華美さで名刀の評価が決まっていたところがある
    むしろ軍刀の耐久試験を耐え抜いた際に得られた丈夫な二層構造の刀の条件を元に作られた現代刀の方が昔から伝わる名刀よりも優れているかもしれない。
    …師匠は追い抜かれたから武術は、芸術は、技術は発展した。古いものだけが良いわけではない

    …まあこれは背後の世界の話であって、私が使う刀は背後の世界のどの時代のタイプ、とは決まってない。決める必要がない。
    むしろ、おいしいとこ取りな刀もありだろう

    まぁ、この手の技術は刀にとどまらず槍やらにも及ぶ。
    礫雷なんて「見た目よりずっと重い」ってどうやって出来てんだよ。むしろ材質は何?

    何でもありな中で粋な一品を持ち続けたいものである。

    (といって単に細かく決めるのが面倒なだけでしょう?)
    (幾つあると思ってんだよってかこないだのリスト十分細かいだろう?)
    (鳳仙花だけじゃないですか。細かめなの)
    (……そりゃ設定魔からみりゃ薄い設定なのかもしれないけどな)
    スポンサーサイト

    【2005/08/17 18:16】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

    この記事に対するコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2005/08/23 02:25】 | # [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://redeye.blog5.fc2.com/tb.php/69-712fec7d


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。