一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    うだうだぐちぐち
    喜ばしいことがあった日でもいつもどおり。
    いや、単に恥ずかしいだけだがね。
    心で踊って顔は涼しく……そんな性格は茶室だと崩壊しまくりだけど!

    …やっぱ言いたい。でも止めとこう。




    茶室で受け責めチェックの話題が出てやってみた。
    現年齢と背後の暦、血液型不明でぽちっとな
    結果…

    シャオルンさんは 襲い受 です!

    ● 襲い受の貴方は
    ★性格★
    飾り気のない実直な人です。
    温厚で真面目で頭も良く、さらに自分のことは犠牲にしても人のために力を注ぐことのできる人格者。
    情や一時的な感情に流されない、非常に理論的な考え方を持っています。
    客観性や論理性など、ビジネスで有用な能力を持つあなたは、大物の風格が漂ってます。
    ★夜の性格★
    精神的攻め・体は受けのタイプ。
    自分の武器を十分に熟知しているので利用できるものはすべて使い、自分の快楽を追い求めます。
    大抵は相手を挑発して快楽を貪ります。
    誘い受けとは違い、人の後ろをおとなしく歩くのを嫌います。
    貴方の魅力に周りはKO寸前。
    ★相性★
    へたれ攻・攻寄リバ
    ● シャオルンさんに幸運を呼ぶカードは、タロットカードです!

    OK。表へ出ろ。

    大体「人の後ろを大人しく歩くのが嫌い」しかあってねぇよ!?
    他全然違うし。
    それも大人しくないだけで負けん気があるというんじゃなくて後ろからじゃれ付くような感じだし。


    ついでなので背後も。
    鮎坂さんは 攻寄りのリバ です!

    ● 攻寄りのリバの貴方は
    ★性格★
    奥ゆかしく見える才人です。
    恋愛パターンは見た目同様、古風。ドライな恋愛は不向きです。勘の鋭さから出会った瞬間に恋に落ちてしまうことも多いですが思いやりの心を持って接するので抜群の成功率を誇ります。
    仕事となると物事の飲み込みが良く、天性の勘も冴えるので何でも器用にこなせるマルチな才能を発揮します。
    常に自分を見失わないよう、冷静で客観的に自分を見られるようになれれば怖いものなしです。
    ★夜の性格★
    攻も受もできる器用な人です。
    ただ先陣特攻タイプなので攻めに回ることのほうが多いです。
    受けもできますが自分から腰を振るなど相手よりも優位に立とうするところがあります。
    人並みの性欲なのでそうそう盛ったりはしませんが、一発で満足できるタイプでもありません。
    ★相性★
    襲い受・受寄リバ
    *リバ=リバーシブル。攻・受どちらもできるという意味。


    背後は異議アリと騒いでおります。まぁ確かにこんな有能げナ評価は背後にゃ似あわんな



    さて、と。
    ………完全に当事者にならねばどうにも気が完全には入らないらしい。
    悪いクセだな。エンジンのかかりが遅い。

    …個人攻撃になるが。
    護衛士依頼で「生理的に受け付けない」などというなら最初から受けるな…と思ったりしたり。

    自戒も含めて少しつらつらと。
    物事をカッコつけて話すのはどうなんだ、と。
    遠まわしな表現、比喩表現の多用は会話の主題を不明にする。
    ……何人が彼に。もしくは過去現在の自分に「~という意味ですか?」と聞き返してきたろうか?

    「言葉は受け取る側の解釈が全て」だ。受け取り手が捻くれている場合は仕方なくもあるが…そう教えられたしその通りだと思った。
    キャッチボールで相手の胸元へ放ってやる努力は必要だ。
    曲芸キャッチを試みて失敗するやつは知らん。
    でも、伝わらない言葉にどれほどの価値がある。自己満足で自分にしか理解出来ない言葉で自説垂れ流す事にどれほどの意味がある。
    自分に酔いたいだけなら独りでやっていればいい。表舞台で語る必要はない。

    まぁ…彼の人物から手紙が来たので多少受け答えしたが。
    「ボクってとっても苦労して可愛そう。細々とやっていたかっただけなのに大事になっちゃったよ。
    君は楽しそうに雑談するばかりで理解してくれないし。僕が折角教えてあげているのにね。
    永遠に平行線で構わない。僕は僕の信じる道を行くもん。」
    ・・・とこんな感じにしか受け取れない内容で。
    私が捻くれてキャッチボールやっちゃっただけなのかそれとも。

    自分が自分だけの言葉で喋ってないか。コレからずっと気にすることになるだろうな…。
    昔からよく言う。人の振り見て我が振り直せ。他山の石。
    (…頑張ろう?)
    (言うだけはタダだよな、その言葉も)
    (頑張るのは義務だけどね。――まぁ良いじゃん)
    スポンサーサイト

    【2005/08/09 04:42】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://redeye.blog5.fc2.com/tb.php/62-80f3cf39


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。