一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    武器マニア再び
    ふははははははは!
    新しい武器が出来ましたよ!
    これで所持オリジナル武器数が……7つ?
    まだネタは尽きてません。12個くらいまで行くんだろうか(トオイメ

    というわけで武器リスト。セリフはウエポンオーバーロード用。

    ●戦刀・鳳仙花(いくさがたな・ほうせんか)(蛮刀)
    作者の銘の無い打ち刀。作風から2流の刀工、六道重久作とされる。
    銘代わりに刻まれた鳳仙花の三文字に、打ち刀に自分の名を刻むことを赦さぬプライドと作り上げてしまった傑作への愛が垣間見える。
    やや柄を長く取った刃渡り80cmで緩やかな反り、仄かに紅を湛えた刀身。
    斬れ味よりも数多く屠るための頑健さを選んだ厚い重ね。
    黒塗り鞘に柄頭と鍔を結ぶ飾り鎖が特徴。
    至高の二流品である。
    「なべて、皆己が為に刃を取りし者なれば、刃によりて滅ぶべし」
    「童女が戯れるが如く、彼の血で紅させ。――血化粧・鳳仙花」
    両手持ちに迫る大きさに変化。刀身は真紅に染まり柄頭側にも短い刃が生える。

    ●追難禍神・緋月(ついなのまがかみ・ひづき)(儀礼用長剣)
    伝承の鬼払いの儀式に使われたという護り刀。
    柄頭に赤い宝石が埋め込まれている。
    鋼自体はそこそこの質だが刃がないため切れ味は皆無。
    刀身に細かく呪が刻まれている。
    …が、肝心の理力は並み。
    癒しの力が封じられている。
    刀身70cm全長1m反り一分。
    「虚ろは異界。現は闇。人の心にこそ鬼は在り。血の如き色の光を以って影を打ち払い、隠した顎を開け。鬼喰らいの刀――追難禍神・緋月」
    柄に巻かれた飾り布が伸び、刀身に刻まれた呪言が鈍く光る。


    ●大祓禍神・木霊(おおはらえのまがかみ・こだま)(儀礼用長剣)
    緋月と対になる刀。
    こちらは柄頭にある宝石は緑。
    装飾、作り、全て同じだがこちらには癒しの力は無くただの理力の塊である。
    とは言っても精々二流の理力しか保有はしていないのだが。
    「虚ろは異界。現は闇。見通せぬそこに在る恐れの心こそ鬼。根ざした地を護るその腕で以って打ち、隠した顎を開け、鬼喰らいの刀――大祓禍神・木霊」
    柄に巻かれた飾り布が伸び、刀身に刻まれた呪言が鈍く光る。

    ●金剛虎牙(こんごうこが(両手剣)
    刃渡り1m、幅10cmに及ぶ片刃の大剣。
    大量に錬成した高密度の鋼から削りだした一品。
    製法の都合上頑強かつ重量が嵩むが切れ味は申し訳程度。
    柄と刀身が一体成形で峰の途中に穴を開けて補助の持ち手が作られている。
    唾は無い。
    「鋼をも砕く、虎の牙。吠え猛り眼前の敵を喰らい尽くせ。――修羅刀・金剛虎牙」
    より巨大化し、持ち手に巻きつけられた鎖が重量を増す。

    ●マリア・ロワール夫人の慈悲(まりあ・ろわーるふじんのじひ)(ニ刀斧)
    とある地方の領主が奴隷、囚人を日々虐げ、生殺しにしては楽しんでいた。
    牢で苦しみ殺してくれと呻く声に耐えかね、苦しみを終わらせようと領主の妻は斧を取り、囚人に振り下ろした。
    以後、夫人は斧で人体を切断する悦びに憑かれ狂ったと言う。
    その斧のレプリカで
    確かに人の首を跳ね飛ばすには十分な重量を持った斧だが作りは簡素。
    刃に小さく一文字ずつ慈悲と刻まれている。
    「吠えよ刃嵐」
    二本を鎖で結び、刃は2倍に広がり持ち手を覆い尽くす形に変形。

    ●暗器・兜割り「礫雷」(あんき・かぶとわり「れきらい」)(ブーメラン)
    握りこんで殴るも良し、投擲するも良しの金属製の掌に収まる賽。
    見た目以上に重量があり、何で出来ているのかは不明。
    本来はヒョウ(金偏に票)と呼ばれる種類の暗器である。
    この世界の正体不明の魔力で投げても手元に戻ってくる
    「鳥落とすは雷。我が腕を成し彼の敵を射抜け。――轟吠えよ、偽真暗器・礫雷」
    三叉の風車羽状に返しの突いた刃が生え、鎖で持ち主と結ばれる。

    ●六道紅(りくどうくれない)(突撃槍)
    純度と錬度の高い鋼の塊から削りだされた紅い長さ2mの鋼の棍。
    片方の先端が鋭く尖り、先端側の適当なところに飾り布が巻かれている。
    かなりの重量があり取り回し辛いが小規模な竜巻を起こす程の闘気の器になる。
    「鬼修羅に言葉は無用なれば、力で以って六道輪廻貫き地獄の理を示せ。――羅戦回廊・六道紅」
    飾り布が旗のように巨大な布に。他は特に変化無し。


    あー。かなり大量w;
    スポンサーサイト

    【2005/07/11 18:14】 設定 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://redeye.blog5.fc2.com/tb.php/48-948d8062


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。