一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    うー
    ミスった。
    ミスったついでに色々考え撒いて置こう。
    ロバの耳じゃないけど掃き出したら少しはソレに囚われることもないだろう・・・

    ……さぁ、どう穴を埋めよう。本当。

    以下続きを読む、で。
    さて、まぁ。
    ゼニスキー。

    どう言う悪事を働いていたか、だが
    1;ノスフェラトゥの手先で
    2;ソルレオンと同盟の関係悪化を目論んだ

    というのが彼の問題行動

    同盟にとって彼が存在することでソルレオンとの国交が悪化するという問題があった。
    ソルレオンにも、リザードマン王国をそそのかしたのはノスフェラトゥ等、前科があるのでイーゲルの狙いは理解してもらいやすいだろう。

    ここで同盟がソルレオンに協力を求められなかった理由だが
    1;口封じの可能性
    2;上記に加え喋る死体にされるの可能性
    3;協力に応じてもらえるかの確証(蛇足?)
    がある。

    また、黙秘を続けていた理由だが
    1;火種を潰すための行為が戦争の火種となっては元も子もない。

    である。
    決して侵略、ソルレオンに対する害意は一切ないが、一切ないだけに公表も出来なかった。
    ソルレオン国に対する不法侵入、及びその隠匿の罪は免れない。
    が、ソルレオン国と戦争をしたくないという一環とした態勢を考慮してもらえれば幸い。


    …こんなトコ?










































    (こっから背後)
    んで、まぁ。これらは自戒すべきことでもありますが。
    他人を見下して採点したりするのは止めるべきです。
    意見を言うなら相手に届く言葉で言うべきだし、その努力を怠ってはいけない。
    受け取る側に問題もあるんだろうけど。

    ~してやってる

    という考え方は健全じゃない。
    口が悪いキャラロールというのもあるかもしれないが、だからって口が悪いことの免罪符にはなりえないのだから。

    そこの感覚が麻痺したら。麻痺していたら。
    私はこのゲームを辞めるべきなんだろうか。
    スポンサーサイト
    【2005/07/04 02:54】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://redeye.blog5.fc2.com/tb.php/44-e14aaf6e


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。