一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    さて。
    ……中々難しいものだな。万全というのは。

    私は口調が変わりやすいタチだが。
    まぁ、理由がないわけでもない。
    状況、気分に応じて変わりやすいだけだ。
    人は話す相手によって態度を変えるだろう?
    乞食にも王様にも、同じように接する人間が居ればそれはそれで凄い事だが。
    凄いと思ってしまう程度に相手に合わせて態度を変えることは自然なのだな。

    だから、私は私に話す時の顔がコレというわけだ。
    恋人には甘くだらしない。
    説明する時には丁寧語。
    敵には言い捨て、味方には腹を割り。
    まぁ、そういう事だ。

    さて、万全というのは本当に難しいな。
    全ての状況にあたり全ての対策を取れる人間というのは少ない。
    どれ位難しいかというと将棋で無敗で居る程度に難しい。
    相手の手を全て読むというのはそういう事だ

    ということで

    私が弄りに来たナと思った行動にボケて反応がないとか
    そー言う弄りはノーセンキューって思ってもさらに畳み掛けられるとか。
    そんな事態に陥っても、お互い読みきれなかったと流すべきだな。
    もう少し冷静になろうや
    何となくシャオルンの生い立ち

    ちょいと紋章文字を特殊な読み方したりちょっと回りとは風変わりな風習があったりする集落出身。
    脱走奉仕種族で、小国の小競り合いを利用して同盟に亡命。
    そのまま冒険者になる。

    力に対して感じる矛盾。恐れ。畏敬。
    それらがない混ぜになって得た価値観は、少し独特かも知れない。
    戦闘行為の理由を彼は自分からは正当化しない。
    スポンサーサイト
    【2005/06/28 12:36】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

    この記事に対するコメント

    ブログ開設おめでとうございます!

    アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
    http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
    より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

    参加するにはこちらからが便利です
    http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=%88%EA%90%B6%88%EA%8E%80%20&address=http%3A%2F%2Fredeye%2Eblog5%2Efc2%2Ecom%2F


    お問い合わせはコチラから
    http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
    【2005/06/28 21:11】 URL | みんなのプロフィール
    #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://redeye.blog5.fc2.com/tb.php/40-1dcd0b92


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。