一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    ということで
    主人帰還ッ
    コダマー。元気にしてたかッ?
    ……お前、魚一人で焼けたっけか?

    ということでノルグラー(挨拶)
    今スゲェ混乱してるけど。
    ……元はと言えば「言い訳を考える」だったのが大事になってる気がしなくも無い。
    アレか。
    ソルレオンの影を恐れてビビリまくりですね私達。
    …いやビビルって。そりゃ。

    ・問題「重要機密の名前をばらしました。どうする?」
    1;内容もばらす。
    2;名前から推測しやがれという。
    3;誤魔化す
    の3択だと思ってた背後の御目出度い脳みそ。

    予想されうる反応もそれぞれ
    1;「危険な能力だな。もしやソレを使ってわが国に…」
    といっても西方ソルレオンに近い場所にDGがない。
    拠点になる城のはずのカディス城は実際にもう無く、全シナで一度出た修復した東方ソルの城があるかどうか。
    奇襲はかけられるが……と言ったところ。
    2;「何らかの移送手段の一種と推測するが……機密ならば目に付く場所に出すな。我々が監視にきていることを忘れたのか?」
    と、突っ込んでくるかどうかは判らない。
    取り合えず「機密なら何を馬鹿なことを」という呆れられるのは必死。
    3;・・・嘘の出来具合による
    正確には嘘じゃない。事実を伝えるものの全部ではないなどして逃げる。

    うーん。
    なんか穏便に済む方法本当に見落としてない?

    もう少し突っ込むか。
    というよりは当たり前のことを整理。
    ソルレオンは信じればそれに応える。
    ソレがプライド。
    ただ応える価値のある国かどうかを今同盟を推し量ってる最中。
    ……ここで応えるべき国とアッピールのしどころですよ奥さん!
    って感じだな。
    そりゃ情報開示は怖い。
    ソルレオンは強い。
    真正面からやることを望む国ではある。
    そういう国が最大勢力で入られるのはひとえにその実力の高さだ。
    もし事を構えるなら霊査とDG転送で色々やらかすしかねぇだろうサ
    でもなぁ……。
    平和に済むなら平和に行こう。
    情報晒して敵意がないと分かってくれるならそれで良い。
    うーん…。


    レスポンス(初めて使うな。)
    >錦上添花
    ( -_-)♪【有難う御座います。美味しく戴きました】
    ( -_-)  【またそのうちお邪魔しますね】

    >リュウさん
    ( -_-)♪(←撫でられて嬉しいらしい)
    スポンサーサイト

    【2005/06/13 16:22】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://redeye.blog5.fc2.com/tb.php/38-b6651896


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。