一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    シャオルンの武器
    未作成文が殆どって言うか鳳仙花以外全部。
    作成予定のあるものとか文字制限抜きで書いてみたかっただけ。

    ●戦刀・鳳仙花(蛮刀)
    切れ味よりもより多くの獲物を屠る為の頑強さを選んだ肉厚の剛刀。
    紅を湛えた色合いの刀身が特徴。
    取り回しを重視したため刀身は切り詰められて、片手で扱う長さ。
    銘に鳳仙花と刻まれているがその名の刀工は存在しないのだが・・・。

    ●マリア・ロワール伯爵夫人の慈悲(斧二刀流)
    サディストの夫が行った拷問の被害者の悲哀を見かねて苦しみを終わらせるために振り下ろされたという斧。その後彼女は斧を振るい肉を断つ快感に憑かれたと言う。
    両刃で装飾も魔力もないただの斧だが、斧の刀身に「慈悲」とだけ刻まれている。

    ●追難乃禍神・緋月(儀礼用長剣)
    形骸化した鬼払いの儀式に使われた刃のない刀。刀身には呪が刻まれている。
    名前の割には大した魔力もなく強さもない。

    ●左乃兵衛和十・金剛虎牙(両手剣)
    左乃兵衛和十作の一振りの剛刀。名工とはいえない彼は如何に折れないかだけを追及して鍛冶師として名を残した。
    反りのない片刃・乱れ紋の直刀。刃渡りは1mに及ぶ。
    所詮はは2流の刀工の作だけあってあまり良い品ではない。

    ●無銘(突撃槍)
    重厚な曲刀を長柄の先に備えた長得物。力任せに、遠心力でそれなりに斬り飛ばせる。
    銘も飾りもないが戦場では信頼を置くに相応しい丈夫さがある。

    ●暗器・兜割(ブーメラン)
    L字型の補強用金具・・・に見せかけた暗器。見かけ以上に重量があり角をぶつければ薄い鉄板なら打ち破るだろう。
    無限のファンタジア特有の何らかの魔力で命中しても戻ってくるらしい。本来は消耗品。

    ●イスツール&イスペンド(長剣&儀礼長剣?)
    赤い石の秘宝を巡る御伽噺に登場する2人のエルフの冒険者の名を冠する2振りの剣。
    彼らが実在したかどうかは定かではないが、ここに彼らの名が刻まれた簡素だが特徴的な剣がある。

    ●パリィング・ガントレット(儀礼用?盾)
    装甲が厚く刃を滑らせるように工夫された重ね甲の小手。

    ●Lilacブランドレザーコート(皮鎧)
    黒く染めた皮のコート。動きやすく丈夫。飾りベルトが多いのが特徴。
    Lilacとちいさく襟元に金字でつづられている。

    ●アーマードコート(金属鎧)
    レザーコートに胸当て、肩当等金属鎧のパーツを縫いつけたもの。
    ファッションと呼ぶには余りに大仰なアクセサリーだが金属鎧をそのまま着るよりは威圧感もなく、着脱も容易。重さは変わらないが。




    結構多いな。
    スポンサーサイト

    【2005/04/29 10:36】 設定 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://redeye.blog5.fc2.com/tb.php/27-e0e99a98


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。