一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    生存
    生き延びたな。どうにか。
    一歩間違えば死んでいたのかな?
    まぁ、生きているのだからどうでもいい。
    (おかえりなさい。)
    ・・・あんまり帰ってきたのに嬉しそうじゃないな?
    (貴方が死ぬなんて思ってませんから。)
    ・・・少しは案じろよ。
    (他の旅団も力が入っていたことですし。人数が集れば失敗はないでしょう。流石に。)
    作戦全体が失敗しなければ悪くて重傷で止まるだろう、か。まぁそうだけど。
    (・・・ところで少し嬉しそうですね?)
    うん?・・・ああ。
    (いいことでもありましたか?生還以外に)
    ま、な。
    本当はもっと胸張れる位に強くなってからがよかったんだろうけど。
    (・・・。ああ、そういう事ですか。まぁ鍛錬は重要ですね。)
    どうせ次の戦争にも出かけるしな。
    (ザンギャバスですか。)
    そう。・・・パンドラの言で「ザンギャバスは地獄では倒せない」が本当なら選択肢は一つなんだよな。元々。
    (ふむ。というよりはザンギャバスを倒して欲しいのは向こうの本音でしょうからザンギャバスを倒す邪魔だけはされないでしょうね。)
    悪くてもそうだろうな。
    (後は疲弊したところに乗じて攻めて来るか否か。)
    ・・・そこだよな。
    余りがたがた言うつもりはないけど。
    ノスフェラトゥと手を組む可能性が濃いと言うか意外と穏健というか。
    (それは・・・まずいのでは?ノルグランド護衛士として。)
    そうだな。ソルレオンにとってノスフェラトゥは敵という認識は伝わってるんだ。
    そしてソルレオンにとって、ノルグラの使節=同盟の使節であり、円卓と別であっては困るんだ。
    (ノスフェラトゥが敵と言っておきながら手を組んでは・・・いつぞやと同じですね)
    そうだな。だからソルレオンに「ノスフェラトゥは敵です」というソースを突きつけるということは同盟にとってノスフェラトゥは敵ですという立場表明に変わりがない。
    (責任を持った言で以ってノスフェラトゥは今後も敵であるといわなければならないと)
    そうなる。
    (少し展開を急ぎすぎてる気はしますが。使節を送りノスフェラトゥがこういう悪事をしたということを言うのは将来的にノスフェラトゥとは・・・)
    ・・・そういう意味になるはずなんだけどな。
    個人的には使節を送るのは歓迎さ。
    ・・・だが、本当に言っちゃっていいの?とは思う。
    (厄介ですね。個人的には感情全てを排除して当たれば解決は早いと思うのですが?)
    ・・・全くだな。
    スポンサーサイト

    【2005/04/27 02:28】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://redeye.blog5.fc2.com/tb.php/25-3aeac23b


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。