一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    シャオルンの日記
    まとまりがないけど。

    ノルグランドGGに入隊。
    見ている人は居なくとも宜しくお願いします。

    ソルレオンとの交渉前に「対等な会話をするためのカード」である「ラドック自殺」を理解しなければ。
    ・・・ぶっちゃけ理解しなくても博打は打てるけどね。
    「ラドックは死んだ。その意味の解釈はあんたらに任せる」
    みたいな。相手に判断丸投げ・・・まぁ、相手さんがたが助言してくれた人だと通じないけど。

    役職から見た意味
    ラドックはカディスGGの団長。
    彼が取れる責任はカディスとして。
    リザードマン王国の対ソルレオン戦線の先鋭として。
    同盟と組しソルレオンの侵攻を退けたものとして。
    それらの責任を取ることができる。

    同盟の汚点から見た意味。
    彼が死んだことにより同盟はカディス&同盟の失敗の責任を取ったからソルレオンにとって対等になれる。とみる。
    そうなるとどの失敗の責任を取ったのか?

    ・・・ワカンネェ
    失敗が多すぎてどの部分やら。埋もれていて捜すのが面倒だ。
    捜さなきゃいけないんだろうけど。

    とりあえずソルレオンにとって同盟が脅威だったのだがカディスを放棄することでまず争う気はないと強調。
    次に死の国という脅威を強調。
    そして死の国に対するために同盟がともに組するに足るものかを認めさせなければならない。
    ・・・あー。もう。もう一回リプ読もう。駄目。足りない。


    それと死の国。
    死の国の要求はかなり変。
    まぁ・・・握手したもう一歩の手でナイフ突きつけてきかねない相手というのもあるんだが。
    ゾンビ製造機は兎も角ザンギャバス殿下まで動かせるのか?
    とにかく
    自称穏健派リゥドゥラ(エルヴォーグ責任者)
         パンドラ(直下の部下?GG団長)
    過激派? ザンギャバス(名前のセンスすごいよ。オギャンオスって思い出したよ)
    ・・・ってとこか?
    で、パンドラはというと結構うざったいことをこれまで色々やってきてくれてたわけで。
    まぁ、ザンギャバスはあれだけど・・・簡単にアンサラーを打ち払えるほど奴らに戦力はあるのか?
    穏健派?それは違う気がする。・・・理由は・・・アレ。何だっけ。
    ・・・また今度まとめる。尻切れトンボ日記。

    スポンサーサイト

    【2005/04/17 05:58】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://redeye.blog5.fc2.com/tb.php/18-7d05b789


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。