一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    日誌
    封印しかけてた所だったが引っ張り出す羽目になったこの日誌。
    取り敢えず、相変わらず、自己確認のメモ書きに使おうと思う。
    精神安定も兼ねているが。


    …今回の戦争、余りにも、余りだったな。
    想像の埒外のそれを見せ付けられ。
    そして。
    死にたい人間なんて居ない。
    死んでいい人間なんて居ない。
    疫病神だったとは思うまい、いずれ来るべきものだった筈だ。
    だが、それでも。
    感情はそれを認めやしない
    ただ、償いができるかといえば…
    せめて、此度の派兵で助けれるようになったかもしれないプーカを引き入れ、脱出する、だな。
    行動で、報いるしか、あるまい。無駄にしないために。無駄だと言わせない為に。






    さて、傭兵大隊は2名抜け、4名…なんか追っかけてきてくれた物好きが居た。
    1名は友人。1名は顔見知り、1名は双璧時代に見かけてた。もう一人はたぶん初対面だな。
    武人3名、忍び1名。
    偏ってるとか言われてるが、なかなかどうして。
    武人は体160を保持しているから、レイジングで無用にダメージを受けず、レイジングの範囲で押し切られる心配のない3名だと思う。



    まぁ、数字の話をすると、表じゃ五月蝿いので何も言わんがな。
    いわゆる、本当の意味での前衛キャラの追加が来たという感じだ。



    ただ重騎士が1名減ったので鎧聖降臨のCP効率が悪くなった。
    旅団アビは利用できるのでどうにかなるだろうが…。

    まぁ、総じて。
    正直クラスにこだわりの少なそうなクラスが来たので個人的にはラッキーと言う評価。
    能力値を無視してクラスらしく振舞おうとすると痛い目に会うからな。
    プライドは大事だ。だが枷にもなる。



    …まぁ次の任務に備えるか。






    …いや、そりゃ、さ。数字について言うならさ。
    「HPに溢れ体160達成してレイジング何のその。ちゃんと心防御にも気を使ってるぜ!」
    なんてパーフェクトな人材が着たらいうことねぇけどさー。

    でもそんな事いいだしたら理想の能力値や装備持ってないやつは要らないってことになる。
    なんかのゲームじゃねぇんだから…。
    ハンパなステータスの集団でも、体が低い代わりに全員が有効な攻撃可能なステータスというのが活きて来た。
    別に特化とかする必要はない。


    まぁ、弱い人間の僻みかもしれんがな。そう思うのは。
    ただ、役割をプライドで曇らせて勘違いしなけりゃ、それこそ誰でもいいさ。
    …望めるなら欲しい要素は満たしてる人材は欲しいけどよ。
    前回は選べる状況だから欲が出たけどな……

    まぁ、あれだ。
    全力を尽くそう。



    つか、本当の敵は交渉ですから。どう考えても。実績からしても。
    スポンサーサイト

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。