一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    ノルグランド雑惑とオフレポ
    思うに、エリーゼ団長に対して閣下だのああいうネタアイコンが似合うネタ振りをするのは団員の甘えなのだろうな、と思う。
    厳しい人間は、時に精神的支柱になる。
    親愛の情も含めてのああいうネタを振っている面もあるだろう
    だが、戦場という状況に精神を適応させる、マインドセッターとしての役割。
    それはカリスマがないと出来ないことだろうなぁ。

    まぁ、朧月も結構店長にそういう役割預けてるところがあるけど。
    店長、お疲れ様です。

    で、最近上がってる問題。
    …いや、言いたいことは皆わかるんだよな。
    他人のプライドをこき下ろす方法を某人物はとっているが、まぁ、深読みしたら反発心をバネに、なにくそという気持ちで依頼に取り組めるための燃料にはなる。
    …なるんだが健全じゃないと思うのだよな。
    先に言ったけれど、もう隊長がいるわけで。無理に炊きつける必要はないと思うのだよ。
    何より互いで互いの矜持を見せ合って俺の方が立派だとかいうのは手前のモチモノ自慢にしかならない。
    まぁ、ぶっちゃけRP解いたセリフで説教したらある意味負けだよな。

    ただ、彼の言動もやはり隊を慮ったゆえの言動であるのだけは、皆、理解していることを願おう。
    変なしこりを残すのも後々悪いしね。
    方向性はひとつのはずなんだけどなぁ…。



    さぁて、オフレポいこうかっ
    朧月京都プチ旅行~。
    背後の語りです。何考えてるのかわからないという人も居たかもなので微妙に思考暴露。

    3時に寝て7時に起きた。何時もより長く寝たので視界が明るい。
    だらだら荷物を詰めて「寒い」という前評判を気にして防寒具を増やす。
    …予想以上に膨れたがまぁ良い。軽いし。

    と思ったらうどんでやたら重くなった。ガッデム。

    次いで服装に悩む。
    …オフのたびにこの服装の気がするが一番暖かい上下の組み合わせと防寒具がこれなので仕方がないと思い直す。
    というか旅先で白系統は勇気が要る。


    高速バスに揺られて3時間の予定が20分早くつく。
    …合流まで2時間余裕があるんですが。

    仕方ないので他の面子は如何なのか茶室に侵入。
    おとーさん(フィー嬢)発見。
    もう到着してるらしい。
    とりあえず合流。相変わらず元気そうですな。
    飯を食ってないらしいのでどこかに入ろうという話になって値段の高さに阻まれる。
    全国統一価格にしようとスタバでお茶。
    でもどーみてもおとーさん、その値段だと普通に他の店で食べるのと変わりませんOTZ

    後でわかったことだがマオーガーさんも到着していたらしい。
    スタバの前は通ったのにお互い気付かないという…。

    ぶらぶら時間潰して全員と合流。
    合流の際にファーストインパクトというかセカンドインパクトから「馬」と呼ばれることが決定。
    詳細は他の人がブログで書くだろう。
    とりあえず本人としては
    「普通じゃつまらなかった。シュールなら何でもよかった。後悔はしていない。むしろ望むところだ」
    だったりする。
    怖かったのはケで始まる4文字の人たちだった。

    まぁ、初対面で自己紹介してはいないけど誰が誰かは非常にわかりやすかった。
    というかほぼイメージはそのままだ。
    以下、初対面な方々の印象。

    店長(ルーシェン嬢);茶室での印象通りきっちりとした印象の人。というか今回の旅の段取りお任せっきり。お世話になりました(敬礼)
    シャネ子嬢(シャネル嬢);予想してた印象とずれ…いや、印象通りです。というかおとーさんもだがその体の何処にアレだけ食べる容量が(汗
    リュウ君(リュウ嬢);うん、まんまですね。本当に。凄いテンションで盛り上げ役と言う感じでした。
    エリス(エリス嬢);これが噂の!(何)いや、別に噂は聞いてないけど。一番印象が茶室で掴めなかったので期待していた。持ちキャラの一人そのままの雰囲気だった感じ。
    妹御(ドーリス嬢);参加してたわけじゃないけどTV電話でちょっとだけ会話。…よ、予想外だっ

    皆様綺麗&可愛い&格好良いので少々気後れ。

    さて、合流して既に何を話したかよく覚えていないんだが。
    酒を挟むとどうも記憶が鈍る…。
    最初は鳳凰堂見にいったんだったか。
    微妙に雪が境内に踏み入れた頃にちらついていた。
    脳内BGMが北村大の三千院から→DAIの柊に。
    でも思ったより暖かかったんだよなぁ。もうすぐ春なんだな。
    鳳凰堂の中を見るツアーには不参加。
    …こっそり見たいな、とか思ったのは胸の内に仕舞う。
    小心者でね。
    資料とかをじっくり閲覧。いや、もっと見ていたくはあるんだが。
    アレだけ大掛かりな芸術品の塊だと同じ建物の装飾品でも様式の変遷が見えるわけで。
    差が面白いのだ。こういうのは。

    そのまま茶屋に。
    …思うに、私の食事をネタにしようと勧めるのは何故ですか。乗りたくなるじゃないですか。
    トイレ近くなるので乗らないけど。
    退店時に挨拶を間違える。…仕事の習慣がでた。
    帰りに茶豆購入。
    酒が飲みたくなると意見の一致を見る。

    宿へ移動中、駅でフレッシュジュースを売っているので小松菜セレクト。…苦さが足りない。
    ここでエッジ離脱。お土産渡しそびれる。
    二日目があるからいいかとそのまま宿へ。
    全員で方向を見失う。
    途中で見かけた看板を読み間違えて二日目に響く
    続け文字に見えたんだと主張。本当にそう見えたのだ。

    宿に到着。7時頃だったか。予告時刻より遅れたので従業員さん方がまだかな、というそぶりを見せていた。
    小心者ゆえにああいう歓待ムードが苦手で客になりきれない。
    実弟はこういう時に態度が堂々としてるな、と東京に居る筈の顔を思い出す。

    宿は勿論の事男女別に分かれるのだが、男は二人部屋になる。
    ココでホモネタを振るかと考えたが先に降られたので否定スタンス獲得。
    まぁ、こっちのが色々無難なのでありがたい。
    実際に私はノーマルだ。

    部屋に到着して本日の一品の形を整えていると仲居さんを驚かせてしまった。
    悪気はなかったんだ。わざとじゃないんだ。反省はしていないけど。

    夕食は6人で。
    どさくさにまぎれて上座に座ってしまいなんと言うか無礼者の烙印を心の中で自分に押す。
    せめて乾杯はとグラスを下に出して自己満足。小さいなぁ。私。

    夕食のメニューは
    ・ミニしゃぶしゃぶ(燃えない紙を使った紙鍋だった)
    ・海老とかジャガイモ、毬を煮たもの。
    ・刺身
    ・小魚の釘煮
    ・茶碗蒸し(銀杏、かまぼこ、鶏肉、魚)
    ・さくらんぼと思い出せない何か(酒のせいにして置こう)
    ・味噌汁(赤味噌)
    ・パイナップル

    …こういう旅館でなぜか「米」が出てくるのが遅いのは何故だろうか。
    おかずは、せめて刺身はご飯と一緒にというポリシーの下待機。(賛同者一名)
    うむ、この食い合わせが一番美味い。

    酒は持ち込み許可されたので買い込んでくる。
    ビールは苦手なので焼酎とか色々買い込む。
    …ビールを飲まなくて良い酒盛り。素敵だ。
    美味い酒を飲ませて頂きました。
    酒はやっぱり空気で決まるなぁ、と再認識。

    風呂を挟んでさらに酒盛り。
    ここら辺で記憶の前後が多分ずれているので思い出す順番に書こう。

    トランプがあると聞いて鳳凰堂で買わなかったのだがやっぱりなかった。無念。
    だからといってダブルクロスはやれないのであった。

    酒が進む途中で妹御とTV電話が繋がる。
    テンションが高いようなのでこちらも対抗。
    驚いて貰えた様なので非常に満足する。
    このとき気付かないうちに写真を撮られていたようだ。
    視界が狭くなると不利だな。色々。

    微妙になぜか恋バナ風味に話題が展開したり私(背後自身)がネタかどうかで反論したりマオーガーさんはやっぱりエロカテゴリに属したりなど色々な話題が飛ぶ。

    携帯でふと茶室を覗いたらハンカチをかみ締めていた人が居るのでちょっかいを出しに行く。
    機会があればうどんを持って参上します。ええ。

    カードゲームでマッチョなオカマの絵を見つつ「私って寝る直前に見た絵が夢の中で出て来るんだよなぁ」とかちょっと夜が怖くなる。
    結果的に夢は覚えていない。オカマに迫られる夢ではなかったと思うのでヨシ。

    酒の席で愚痴る。タチ悪いぞ、私。

    酒のせいで判断力が鈍ってお土産を回収し損ねる。全く無礼者である。

    3時ごろに就寝。


    二日目。
    7時に起きる。
    30分ほどうだうだ布団の中で惰眠をむさぼる。
    起きてさっさか支度。
    食事に行ったが女性人がやや遅れている。
    …固形燃料燃え尽きるよなぁと心配してるうちに到着。
    寝てたらしい。
    でも3人ほど寝起きと思えない健啖振りを見せる。
    スゲェよ。
    何でご飯3杯も食べてますか。何処に入ってますか。それ。皆細いのに。
    そしてシャネ子さんはなんでご飯三杯食べておかずが残るのですかっ。
    食いしん坊キャラは伊達じゃないのだなぁ、と感心仕切り。

    朝食メニューは数が多くて覚え切る自信がなかったので覚えないことにした。
    よって覚えていない。

    食ってる最中に雪が舞い始めた。ぼたん雪だから暖かいな、と言ったら否定された。
    氷点下付近と3,4度程度の差は大きいと思うMy主張

    京都駅でエリスと合流。

    今日は食べ歩きらしい。
    祇園、八坂神社付近へ。

    つじりで甘みを摂取。12時ごろだが昼飯も兼ねてしまう。
    二日連続でぜんざいをセレクトしたがこちらの方が美味しかった。
    その後もう一軒行くのだが3連続ぜんざいにする度胸はなかった。
    小豆酔いしそうだったのもある。

    雪が何度もちらついて目を楽しませてくれた。
    良い景色だ。
    こういう景色は忘れずに居たいものだ。

    皆でお土産を買い始める。
    中には不参加の人にもお土産を、と東京組みに預ける人も。
    ATM寄り損ねたのとお土産は手渡し派なのでパス。
    …と自分に言い訳しつつやっぱりATMのせいです、ごめんなさい。
    まぁ次の機会にでも。

    行動予定を実は大幅に削ったという裏事情。
    流石に無理です。
    帰りのバスに乗り損ねそうでつい急がせてしまったのは非常に申し訳なく。


    買い物中、一歩引いた位置にいるのをリュウ君に突っ込まれる。
    そういうスタンスなんだといったら「その割りに寂しがり屋だ」といわれた。
    まぁ否定できないのだが濁して逃げる。
    実際こういう集まりは好きなのだがどうしても遠慮が先に出る。

    ノリが悪いといわれる要素も別の部分での計算と遠慮が働いたからだったりする。
    ギブ&テイクを気にしすぎるのだろう。反省。
    一歩引いた位地に立ちたがるのもスキンシップを避けたがるのも、恐らくは。まぁ色々失敗とかが多くて臆病になってるんでしょう。
    馬鹿やってるときのそれも素です。臆病なのも素です。両極端。

    まぁ、私という人間の性分なので。
    不器用な青年、シャオ背後。
    距離感を掴むのが苦手なのです。

    …妙に飾り気がない上に陰気な文章に仕上がった気がする。
    腹の内を書いたら反省したくなって無意識に暗くなったようだ。本心から楽しんでいたのだが。全部を。

    楽しかったのは事実で、笑ってたのは作り笑いの類じゃなく。
    本当に有難う御座いました。どうしようもないやつですが、シャオルンともども今後とも宜しくお願いします、と参加者各位に謝辞を述べつつ、筆を置き。
    スポンサーサイト
    【2006/02/05 21:45】 脳内物質垂れ流し文章 | COMMENT(1)

    この記事に対するコメント

    なんでコダマはそんなに可愛いの??

    ってそんな用で来たんじゃなかった(笑

    京都オフお疲れ様~♪
    今でもあの馬はボクの脳裏に焼きついて離れないよ~。
    きっと末代まで語り継がれることでしょう(ぇぇ

    ホントにまた機会があったらお泊りオフしたいね♪
    次はマツケンでお願いします(本気)
    【2006/02/08 07:01】 URL | シャネ子 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。