一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    召喚獣同士の戦闘について
    …考えなきゃなぁと思いつつ。

    何が変わるかってクロークによる状態異常が一気に効率ダウンですよ。
    拘束にかかる率が今まで505だったならクロークで25%まで落ち込む。
    こうなってくるとそいつに拘束を期待するのは正直しんどい。
    4人がかりで成功させてもまた60%で無効化されるのだから。

    じゃあどうすればいいのかというと壁を真正面から壊すのでは相手の作戦通りに事が運んでしまう。

    こういう時のセオリーは落とすべき敵と落とし易い敵の順番をすり合わせる事。

    落とすべき敵は基本的には
    ヒーラー>アタッカー>タンカー
    なのだが。
    ここからそれぞれがしぶとくなったらどうなるかを考える。

    タンカーが生き延びると他がしぶとくなる。
    そこでタンカーを押さえるのに今までは拘束を用いてきたわけだが。
    タンカーに拘束が通じない場合はどうするか?
    この場合はタンカーが庇いにいけない状況として割り込めないように分断するというのが一つ。
    もう一つは庇いきるのにも限界があるので敢えて正面突破。
    庇おうとも防御無視攻撃なら先にタンカーがぼろぼろになるのでタンカーが庇ったらタンカーに攻撃目標を変更してもよい。
    攻撃を分散されるのが一番まずい。

    アタッカーが生き延びた場合。
    常に一発逆転をされかねない状況が続くが、レイジング程度ではこちらももう落ちなくはなっている。
    デスブレ、雷居合いの場合は「庇いあう」かクロークで防いでいくしかない
    2人一組でぶつけてやるしかない。
    他に被害が出ないようにするのだ。

    ヒーラーの場合。
    正直即落とさないと戦闘が長引くとこっちに分が悪い。
    クロークを活性化してないほかの敵に拘束が効いても拘束を解除できる相手が生き延びては仕方がない
    しかもやつらのヒーラーは基本的に心技体が平均化しやすいので弱点が難しい。

    じゃあ如何するかと言うと。

    全員総攻撃OTZ

    それだけ敵の回復キャラには価値がある。
    回復力だってやつらは並じゃないのだから。
    具体的に言うとこちらの上級アビ1,5回分は軽く回復されるんじゃないだろうか。
    他の敵から落としにかかるとその回復で生き延びた敵の反撃を何度も喰らって効率が悪い。
    大体5,6人の攻撃をぶち当てて上級トロゥルは落とせる程度だろう。
    つまり20人参加してもアタッカー12名編成してやっと1ターンに2匹。
    それが回復役が居るだけで16名必要になると踏める。
    …しんどいな、そりゃ。
    20人参加依頼ならまぁいいだろう。
    だが多少人数削った作戦の場合、それは出来ない。
    回復役が1人なら集中攻撃したほうがいい。

    …ああ、本当にしんどいなこりゃ
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    コダマがシャオルンは敵っぽい攻撃したよ♪
    【2006/01/23 14:56】 URL | BlogPetのコダマ #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。