一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    キャラ設定とかその他
    無駄に設定を書き綴ってみる。

    ●シァン家
    仙家と書けなくもないかも知れない。
    きっと某地方特有の方言。
    そこでは苗字と名前の順番が逆なんです。
    きっと。

    ついでに中華風なんです。

    ●仙家の歴史について。
    仙々、で舞う様を指すことからは本来は芸事関連の家だったと思われる。
    ヒトが支配種族だった小さな国の家のため三兄妹全員ヒト族。
    いつしか潰れて奉仕種族に。
    三兄妹の親は冒険者だったようだが勿論モンスター化。
    以来散り散りになって三者三様の経歴を経て同盟に集う。

    ●ユンシャオ
    元宵と書くかもしれない。しれないだけです。
    そーゆー風に表記する地方なのかもしれないだけです。
    糸目+オールバック+筋肉でストイックな武道家としてデザイン。

    経験として戦争の続く町で力に渇望して育った傾向がある。
    その為力に対しての捕らえ方が単純で直観的なものを好む傾向がある。
    転じて筋肉に対する傾倒も深い。
    力の使い道について余り深く考えていない分、少々危うい。
    が、強さについてもひたむきで努力は惜しまないし己の力を過信もしない。
    精神的には強くは無いがそれ以上に力への渇望が強いせいで欲望が押さえ込まれている模様。結果無欲。
    女性については興味がないわけではないがそれよりも筋肉らしい。危険。
    愛用の武器は無いが敢えて言うならば指弾の瞬雷。

    ●シャオルン
    暁侖と書くかもしれない。以下略。
    軍人気質の知識マニアで安楽椅子探偵を気取るつもり…だったキャラ。
    背後がそういうの演じきれるかッ!?と投げ出した。
    今は哲学する武器マニアの武人。

    外面に反して苛酷な環境に居たせいか、チンピラじみた荒さがある。
    肉体的にも精神的にもそれなりにタフで色々とバランスがいい。が武人としての適正は低い。
    力に対する捕らえ方が弟とは違う方向に進んでいる。
    即ち正義は弱者の都合であり、力を持つ者が正義を語るのは独善になりかねないと。
    故に冒険者となった今では自らが正義を定めるわけにも行かず、さりとてソルレオンのそれはどうなんだろうとか思ったり冒険者こそが法であるという主張を聞いたりで色々悩みまくり。
    多分彼が彼の正解を見つけることは無いのだろう。
    恋愛については踏み込む一歩が踏み出せないが追い詰められるとやたら積極的に化けたりもする。
    愛刀は鳳仙花。だが武器マニアなために実際に愛蔵している武器は多い。
    六道紅、六道幻、啄み鴉、砕撃剣「昏キ耀」&斬悔刀「禍ツ月」、鬼神楽&禍沙庭、礫雷、追難乃禍神・緋月、屠竜。
    防御用だが刀の六道奏、四衛。
    他人に譲ったのが金剛虎牙、鬼椿
    他の武器の贄になったのが大祓禍神・木霊、マリア・ノワール夫人の慈悲
    …やたら多い。

    ●ルンフォン
    潤鳳と(略)
    カタコト系キャラ。きっと方言。
    本来は道化じみたキャラとしてデザイン。
    …だったんだけどBUに引っ張られた。
    普段は幼く純真な風で、でも冷静に現実を見据えて冷めた物言いは大人より冷たく。他人を欺いて自分を欺いて色々と見失いがち
    …なはずだけど面倒なので単純化。ただのバカ。

    三兄妹の中で唯一戦火を逃れて同盟に辿り付いた。
    旅芸人の家に預けられ、細かい手品などを覚えつつ育っていった。
    故に多少苦労知らずかも知れない。
    ある程度兄に憧れていたせいか微妙に「自分」の意見が薄い。
    再会して失踪した兄、シャオルンを多少理想化しすぎている。
    彼が残していった鬼椿を抱えて、何時かこの刀に見合うようになろうと努力中。
    力についての観点はかなり冷めていて、時に危険。
    無ければ補え。補いきれないなら逃げるだけ。貫くべきプライドが3人の中で一番無いタイプになる。
    恋愛についてのスタンスは年頃のそれ程度にあるようでないようで。
    言動が幼すぎてまず普通の完成から言えば興味対象外になるだろうけど。

    愛刀は無紋乃凪丸。兄が残した鬼椿が自分ではまだ使えないので死狂回廊から拾ってきて手入れした業物。

    ●リュコス
    仙家とは関係ない。
    セイレーンの狂戦士。
    なんとなく作られただけなので設定は薄い。

    妄想逞しくパゲになるという恐怖に常に苛やまされている青年。
    ちょっと10年ぶりに会ったら幼馴染の二人がカップルになっていてしかも何があったのか老夫婦になっている始末にカルチャーショック。
    (ちなみに片方は初恋の相手)
    そして男のほうの毛根がなんというか薄くなっていて日の光で透けて見える様がまるで蒸発したかのように見えた…とかなんとか。
    以来セイレーンの髪は本当に水であり陽光で蒸発したり風で吹き飛んだりすると信じ込んでいる。
    勿論、彼の被害妄想。
    ちなみになんとなく幼馴染たちが老人口調になってるので自分も老人口調にしているだけで本来は若者な喋りだったりする。
    パゲという言葉に過剰に反応し、ワカメをカツラ代わりに被ったり色々と激しいが一応それ以外はマトモ。うん。
    恋愛観は基本若者風。

    ●クァシェラ
    全く動かしてない作っただけのキャラ。
    設定も何も無くただ居るだけ。
    一番普通を満喫できそうで密かに愛着はある。
    スポンサーサイト

    【2005/11/30 11:50】 設定 | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。