一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    仙兄妹の設定
    仙 元宵
    シァン ユンシャオ
    7月7日生まれ24歳
    身長178,7cm 体重91kg

    筋骨隆々の青年。
    顔の造作はややあっさり気味だが糸目が印象深い。
    父親の教えた格闘術は勁を扱うものなので本来筋肉を鍛える必要はないのだが趣味でこうなった。
    (元々勁を扱うセンスはないようだが)
    性格は基本的に紳士且つ礼儀正しい。素直というか愚直。後ストイック。
    ただし頭が宜しくないのか自分の容姿について今一自覚がない。(基本上半身裸)
    兄のように、と振舞おうとしていたけどやはり感情に振り流される素が最近出てきた。
    戦災で家族とはぐれ、狡猾さを覚えた心も解けてきた。
    だが、戦災で吹っ飛んだ秩序観も平和ボケでさらに吹っ飛んだ。
    説得よりは筋肉で解決が一番早いと思っていてタカ派。
    結局背後の「筋肉でしか現せない躍動感」に対する要求不満からできたキャラで、名前はないが時々よく使う基本人格の一つを流用している。


    仙 暁侖
    シァン シャオルン
    5月5日生まれ25歳。
    身長185,3cm 体重68kg
    長身の青年。・・・というか外見はタッパのある美丈夫
    顔のつくりは父親譲りらしい。
    余り戦闘自体に楽しみを見出せる性格ではなく、むしろ嫌い。
    ただ、説得に見切りをつけるのはかなり早くそういう意味ではタカ派。
    感情に左右されたり同情で判断を左右されることは余りなく、冷徹。
    ただしあくまで感情を押さえ込み、切り離した上で冷徹なだけで情には脆い。
    真正面から闘うのが苦手なのでどちらかといえば作戦や計略を使いたがるが別にそれがむやみに使いたがるほど好きかというとそうでもないらしい。
    倫理観ははっきりしていて堅苦しい程に善人。親になれば面倒見の良い父性愛溢れる父親になるだろう。
    ただし、今一歩根性がなかったり不甲斐なかったり自信がなかったりする。
    趣味で知識を溜め込むのが好きらしく見聞を深めると言う目的でのみ冒険に出るらしい。
    妙に猫やらぬいぐるみやら可愛いもの好きだが・・・前世(性格のベースになったキャラ)の影響なだけでシャオルン自体に理由はない。
    基本人格は神唄のヒスミ等。クールな外見とギャップが色々、という特徴重視キャラ。


    仙 侖鳳
    シァン ルンフォン
    6月6日生まれ。15歳。
    身長、体重不明。

    長女。少年みたいな瞳、と形容されるくらい視線が真っ直ぐ前なキャラ。
    純真で冒険好き。みんな仲良く。そういう子供っぽさと裏腹に。
    この3兄弟の中で一番「希望的観測」や「奇跡」の類を信じない。
    どんなときでも前向きにひたすら全力。
    しかし、ヒビが入れば一気に砕けかねない異様な脆さをも含んでいることをうすうすと自覚している。
    基本人格はリュコスフィス=ライカンス。
    前へ前へと急ぐのは困難へ立ち向かっているのではなく、過去に追われて先へ逃げ急いでいるだけなのかもしれない。
    スポンサーサイト

    【2005/04/09 07:22】 設定 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)

    この記事に対するコメント
    はふ。
    ねーちゃんですよ。
    ここだとすがもくんなん?何ぞ某おじいちゃんとおばぁちゃんの原宿のような…。
    絵千枚はのぅ…定番なことだけど数が全てじゃない、ってわかっとるかもな。
    何でも何というか「今の状態時効果的な気がする訓練」というのがあっからなー。詰まったらいろいろ模索してみるのだぞ。多分それが一番成長する訓練じゃ。
    まぁ確かにお主最後まで続かんタイプみたいだから…そういうん自分から言い出すのは面白い。やってみれw
    【2005/04/12 23:39】 URL | スピラナ #w7E8CPEA [ 編集]


    サガミ、です。
    定番なことかもしれませんが基本ができていないのに上達も何もないということですよ。
    一番上達が早いのは絵1000枚、人体という題材で書き続けることでしょう。それもリアルの。
    【2005/04/13 04:23】 URL | 相模 #- [ 編集]


    あれ。変換サガミで出るな。何ぞ和風ラノベのような趣きがある名前じゃ。
    まぁやる事分かってるならやるだけやな…数こなすのはやっぱ大事だろうし。しかし数年やっててもう基本は極めてるもんだと思ってたよ、うん。

    …でも画調的に苦労するかもなぁ。
    占いみたいに思ってくれればいいんだけど、何か今のままでは表現範囲が狭い画調な気がするんだなー…。
    ただ完全に詰まってる訳でなく何か取り入れたり変えたりしていけば突破口ありそうな感じ?がする。

    まぁ基本がんがれ。いっぱいがんがれ。思う通りに描けるようになれ。うん。
    【2005/04/14 00:39】 URL | スピラナ #w7E8CPEA [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://redeye.blog5.fc2.com/tb.php/12-9ca5ba6a


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。