一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    02 | 2006/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    悼む (BlogPet)
    シャオルンは
    武人は体160を保持しているから、エントリで無用にダメージを受けず、エントリの範囲で押し切られる心配のない3名だと思う。
    とか言ってた?

    *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「コダマ」が書きました。

    スポンサーサイト
    【2006/03/28 09:57】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    悼む
    気付いたのは、少し前だが。

    言葉にするかずっと迷っていた。

    そう。それは知りえるはずのない知識だ。

    一言も交わした記憶がない相手。
    ただ、感謝すべき人間の掛け替えのない存在の死。

    私に語るべき言葉は何もなく。
    いや、語っていいのかすら解らないのだ。
    私のこの身の上では。

    ただ、いつか出来たら良いなという約束を。
    死産した約束を、私は、言葉なく、悼む。
    日誌
    封印しかけてた所だったが引っ張り出す羽目になったこの日誌。
    取り敢えず、相変わらず、自己確認のメモ書きに使おうと思う。
    精神安定も兼ねているが。


    …今回の戦争、余りにも、余りだったな。
    想像の埒外のそれを見せ付けられ。
    そして。
    死にたい人間なんて居ない。
    死んでいい人間なんて居ない。
    疫病神だったとは思うまい、いずれ来るべきものだった筈だ。
    だが、それでも。
    感情はそれを認めやしない
    ただ、償いができるかといえば…
    せめて、此度の派兵で助けれるようになったかもしれないプーカを引き入れ、脱出する、だな。
    行動で、報いるしか、あるまい。無駄にしないために。無駄だと言わせない為に。






    さて、傭兵大隊は2名抜け、4名…なんか追っかけてきてくれた物好きが居た。
    1名は友人。1名は顔見知り、1名は双璧時代に見かけてた。もう一人はたぶん初対面だな。
    武人3名、忍び1名。
    偏ってるとか言われてるが、なかなかどうして。
    武人は体160を保持しているから、レイジングで無用にダメージを受けず、レイジングの範囲で押し切られる心配のない3名だと思う。



    まぁ、数字の話をすると、表じゃ五月蝿いので何も言わんがな。
    いわゆる、本当の意味での前衛キャラの追加が来たという感じだ。



    ただ重騎士が1名減ったので鎧聖降臨のCP効率が悪くなった。
    旅団アビは利用できるのでどうにかなるだろうが…。

    まぁ、総じて。
    正直クラスにこだわりの少なそうなクラスが来たので個人的にはラッキーと言う評価。
    能力値を無視してクラスらしく振舞おうとすると痛い目に会うからな。
    プライドは大事だ。だが枷にもなる。



    …まぁ次の任務に備えるか。


    [READ MORE...]
    背後的つぶやき
    シャオルン君のペット、コダマくんのエントリがなんだか時々クリティカルするなぁと思いつつ。

    ちょっと素で酷い目にあうことの多い最近、今年は厄年なんでしょうか。

    (仕事中)
    「鮎坂君。追加、頼む」
    「(まじですかー)あ、はいー」
    (1h後)
    「鮎坂君。もうちょい頑張ってくれ」
    「はいー(…食事に行く暇すらないんですけど)」
    (1h後)
    「鮎坂君。悪いがもうちょっと…」
    「は、はいー(…ええと…絶食状態11時間……?)」

    思うに、途中で投げ出して逃げた先輩は張り倒しても多分、叙情酌量の余地はあるんじゃないかと淡い期待を抱きつつ、もそもそと野菜ジュースで餌を流し込んで人心地。
    まぁ単に運悪く修羅場にブチ当たっただけで本来はちゃんと人間並みの扱いは与えてくれます。
    …や、プログラマーな方々よりは絶対にマシだし。
    まぁ、何時もの事なんでシャオルン君はいつもどおり元気かと。


    しかし、例の部隊も多少顔ぶれが変わりましたねこれはシャオルン君にしゃべってもらいましょう。
    【2006/03/21 11:16】 脳内物質垂れ流し文章 | COMMENT(0)
    表で素直に言えない話 (BlogPet)
    きょうコダマはかもとか感謝するはずだったの。


    *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「コダマ」が書きました。

    【2006/03/21 09:58】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    表で素直に言えない話 (BlogPet)
    そういえば、シャオルンが
    キャップの部分はおそらくガラスで螺子部分を作るコストで断念したんでしょうかプラスチック製のソレを引継ぎのキャップにはめてます嵌めてると言ってもユルユルもいいとこですが。
    って言ってたけど…

    *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「コダマ」が書きました。

    【2006/03/14 09:57】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    表で素直に言えない話

    来なくても同盟的には済んだはずなのに着てくれた先遣隊の皆に感謝を。



    …いや、まぁ、ノルグランドはどうでも良いケドっていう人の方が多いかもだし、まぁ、ええと。
    どっちにしろ助けられたと言う事は変わらず。
    こっそりと勝手に恩に着て勝手に感謝。
    書き忘れたこと


    敵の交代を妨害させる方法かいてなかった…






    まぁ、なんとか、なるか・・・?
    背後的何か ポーション体験記
    研修の補佐なので暇な夜勤をこなしつつ心はシャオルン君のプレイングへ飛んでいた夜。
    昨日思いついた
    ユンシャオ「ぬぅ!アレは!」
    ルンフォン「知って居るノカ!?兄者!?」
    ユンシャオ「剃刀よりも鋭きネクタイブレード!矢よりも迅き名刺手裏剣!間違いない、奴こそは!」

    「企業戦士忍者・メガ・ネリーマン!!」


    メガ「私が相手だ産業スパイども!」(ビシィ



    のイラストの構図とコマわりをいつの間にか真剣に考えていました。まる
    ルンフォンを男塾風に描くか迷っているんだけどどうでしょうね。多分書いたらひげも生えます。
    とりあえず上二コマで兄妹の会話を。中央にデンとガンガンのソウルイーター風ポーズ中のメガネなリーマンを配置。
    構えたネクタイブレードと名刺手裏剣はコマで割ってユンシャオの台詞を入れて。
    メガの絵柄は個人的には耽美系がお勧め?
    まぁそんなことはどうでもいいのです。いずれ多分描くし

    とりあえず8時の業務引継ぎぎりぎりに上が遅刻(50分以上)してきて、遅れた事を悪いと思うどころか知るかと言い切ったので真面目にブチ切れつつ

    ってこれも関係ないですね。
    そう、噂の青一号使用ポーションですよ。青いポプョン。
    あれ?

    まぁ、限定版を保存用に、通常版を飲んでみましたが

    ぶっちゃけ何度も飲みたいと思える味ではないですね。不味いと言い切ってもいいのかは悩むけどまた飲みたいと思わないならまずいんでしょう。
    とりあえずこれは「ああ、それっぽいそれっぽい」とかいって楽しむものです。多分
    わざとらしく残された薬っぽさはそうなんでしょう。セージとか入ってるし。
    キャップの部分はおそらくガラスで螺子部分を作るコストで断念したんでしょうかプラスチック製のソレを普通のキャップにはめてます
    嵌めてると言ってもユルユルもいいとこですが。どうせプラスチックにするならここはきっちりして欲しかった所ですね。
    ガラス製にしなかったのは、まぁ、ユルユルなこれを落とした時を考えれば妥当かも。
    とりあえず、ガラス細工やその類としては持っててもいいかなと思ったので6種類集めようかなと思った午後。
    カードは要らない。
    【2006/03/11 09:31】 脳内物質垂れ流し文章 | COMMENT(0)
    四方山話
    ●近況
    ノルグランドFINALとか凄いスレッドが立ってしまった。
    どうでもいいが霊査士二人のコントが黒い。
    今「くろい」って変換打とうとしたら「黒衣」になった。
    普段何かいてるやら。

    ●武器の名前
    最近手抜きなのか使い回しが多い。
    ちゃんとじっくり考えたいな。

    ●最終任務
    一応話し合いは把握はしているが意見を出すに至らぬ歯がゆさよ


    ●役割
    自分のクラスに拘る意味はない。
    能力値とアビ、アイテムで決まる。
    あくまでクラスは方向性であって代替の効かないものではない
    …武人やってると心底そう思います。てか武人らしさって何よ。

    ●ボケとツッコミ
    あくまで基本事項。
    茶室での会話でアビツッコミ等が普通に行われてはいるが。
    攻撃されるに十分な理由があるから吹っ飛べるのだ。
    関係ない人間が「殴る事を楽しみ」にアビツッコミをすると不健全ではある。
    というか以前背後が関わった別コミュでも問題になった。
    取り合えず偉そうに言える立場でもないのだけど。

    愛を以って殴り合おう。こいつなら殴ってもいいというのとは別だ。

    殴られる側も殴る側を信頼しているから殴られれる。
    だから横から口を挟むのも無粋ではある、が。

    …ってなんかSMの話題に見えなくもないなコレ。


    ●作戦旅団とか
    私は知るはずのない知識なんだがなぜか知ってしまったのでちょっと感想。

    後方は荒れそうだ。

    第1は…とりえず無難そうな雰囲気か

    第2。ケースごとの作戦をどう作戦書に収めるかがカギだな。

    第3は先制パンチを打ち込んだはいいが物言いで敵を作ってる気がする
    基本的に色々と柔らかくすればいい感じだとは思う。
    隙を見せない生き方は味方を作らずに敵を作る。そう思わされた。

    第4。
    マロニエ。あんた何食ってる。
    というかあんたか。拠りによってあんたか。
    いや、ええと、なんだ。
    纏ってる雰囲気が不気味すぎるだけなんだが。
    不気味すぎて不気味ゆえにああもう。
    取り合えず一度だけ依頼でご一緒したねぇ。

    ●トロゥルの全身図
    腕長すぎ。
    つか胴がながくて腹でっぷり。
    確かトロゥルは奉仕種族を搾取しては新たな領土を得てさらに搾取する焼き畑農業的な種族だと聞いていたが
    外見まんまだな。

    でも実際は変わり者もいるわけで。


    ●覚悟とか
    余りこういうのは言葉に出すと安っぽくなるなとは思うけれど
    一度書き出してみて一つの文章にしないとゴロゴロ心の真ん中で揺れそうでつい書いてしまう。
    こっぱずかしいので表立って旅団その他で言うつもりはない

    ●恋愛スタンス
    多分、言うべき事を言うべき場所で言い損ねてるタイプ

    ●正義とか
    法律的にいって、「多数の権利、利益を保護」する為の、つまり多数の弱者の防衛概念だ。
    「人に自分が嫌がることをしない」はその最たる例だろう。
    よって力ある人間が正義とか言うとロクな事にならない。
    軍部が政治介入するとアレなのは昔からだ。

    まあ、ちょっと歪むが正義=他人の為に戦えることなのかも知れない。


    ●私が「アヤナさん」と呼んでしまう理由
    多分、尊敬してるから。
    尊敬できる相手はついつい、自然に敬意を払ってしまうものだから。
    …別に距離を置いてるつもりはえーと。

    ●ネタ人間関係
    かなーり、朧月の人間関係がアホな事になっているのは前からだが…。
    もはやネタと呼ぶより家族ごっこになってきている。
    偽物でもいいから、家族で居続けられたらとか思ってしまうのはなんなんだろうか。
    でもつい、娘さんを店長と呼んでしまうのは色々迷惑かけてしまってる引け目。きっと。

    でも娘さん夫婦が妹の両親というのはカオスすぎると思う。義理母が娘だっ!?

    ●予防線
    「自分は馬鹿だからー」「私は偽善者だからー」
    とか言う類の発言は予防線だ。
    先に自覚してるよとアピールすることで他人に言われないための。
    だが得てしてそういう者ほど、その逆に拘っている。
    そうでなければ、そんなことを自覚(する振りも)できないからだ。
    良い人で居たい偽善者。有能でありたい馬鹿。
    背伸びする必要はないと、誰かが言ってしまえば楽になれるのだろうか。
    ただ、それらの行動は唯の焦りと防衛本能から来るだけでそうであろうという努力はしてないわけではないので
    意外と肩の力を抜けば彼らの理想は直ぐ其処にあったりする

    とか言ってると「こんな偉そうな事言ってるけど私、馬鹿だから」と逃げれなくなってしまった。へーるぷみー。

    ●罠
    取り合えずノルグランドでの罠の効力だが
    トロゥルとの初顔合わせの時の「泥濘に足を取られていなければ、あっさりと接近を許していただろう」が指標になると思われる


    ●策
    で戦況をどうにかしようという思考に囚われるとろくな事にならない。
    取り合えず自分は有能だ、こんな作戦思いついたぞ、等と言う風に考えてしまったらその作戦には穴があると思っていい。
    無理に有能であろうとせずに謙虚に真正面に考えるべきだ。


    ●プレイング
    放っておいても私たちは戦闘においては攻撃にしろ防御にしろもてる経験の全てを以って戦っている。
    ので、詳細にその技術を説く必要はない。
    する必要があるとすればその動作を描写してもらいたい時位だろう
    ただし、事前に相手の予備動作を盗むプレイングの類は多分防御ボーナスがあったりする。きっと。
    ただし、此処に拘ると無駄に文字数を食うばかりか足元をすくわれかねない。



    ●ノルグランド
    お世話になりました。色々。
    MVPはハルトさんだろう。
    や、皆、皆なりに頑張ったけどね。
    私も何かの役に立ててたらいいな、と思う。
    ちょっと自分では自信がない。
    まぁ、認めて貰いたい人はこっそり頭を撫でてくれたのでよしとする。
    さて、もう一踏ん張り。
    [READ MORE...]
    【2006/03/09 12:24】 駄文 | COMMENT(0)
    円卓 (BlogPet) (BlogPet)
    昨日、シャオルンが
    この槍、聖遺物として伝わっているのだがアッな力、というか意味、役割が与えられている。
    とか思ってたらしいの。

    *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「コダマ」が書きました。

    【2006/03/07 09:59】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    時間
    己の不明を悔やみ。
    己の怠慢を悔やむものの。

    直ぐ其処に在る闘いの足音がそれを遮る


    [READ MORE...]
    時代は一体どっちに向かってるんだ

    筋肉(と書いてマッスルと読め)ミュージカルなるものがあるらしい。
    なんでも、ラスベガス公演やったりシンクロナイズドスイミングのメダリストまで参加したり。
    あまつさえ筋肉ミュージカル専用ドームや宣伝タクシーまで走っているとか。
    今後、筋肉犬が主人公のミュージカルもするらしい。

    ………時代が筋肉に流れている?

    取り合えず健康筋肉体操を見てみると良いよ__●_
    【2006/03/02 17:18】 脳内物質垂れ流し文章 | COMMENT(0)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。