一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    10 | 2005/11 | 12
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    キャラ設定とかその他
    無駄に設定を書き綴ってみる。

    ●シァン家
    仙家と書けなくもないかも知れない。
    きっと某地方特有の方言。
    そこでは苗字と名前の順番が逆なんです。
    きっと。

    ついでに中華風なんです。

    ●仙家の歴史について。
    仙々、で舞う様を指すことからは本来は芸事関連の家だったと思われる。
    ヒトが支配種族だった小さな国の家のため三兄妹全員ヒト族。
    いつしか潰れて奉仕種族に。
    三兄妹の親は冒険者だったようだが勿論モンスター化。
    以来散り散りになって三者三様の経歴を経て同盟に集う。

    ●ユンシャオ
    元宵と書くかもしれない。しれないだけです。
    そーゆー風に表記する地方なのかもしれないだけです。
    糸目+オールバック+筋肉でストイックな武道家としてデザイン。

    経験として戦争の続く町で力に渇望して育った傾向がある。
    その為力に対しての捕らえ方が単純で直観的なものを好む傾向がある。
    転じて筋肉に対する傾倒も深い。
    力の使い道について余り深く考えていない分、少々危うい。
    が、強さについてもひたむきで努力は惜しまないし己の力を過信もしない。
    精神的には強くは無いがそれ以上に力への渇望が強いせいで欲望が押さえ込まれている模様。結果無欲。
    女性については興味がないわけではないがそれよりも筋肉らしい。危険。
    愛用の武器は無いが敢えて言うならば指弾の瞬雷。

    ●シャオルン
    暁侖と書くかもしれない。以下略。
    軍人気質の知識マニアで安楽椅子探偵を気取るつもり…だったキャラ。
    背後がそういうの演じきれるかッ!?と投げ出した。
    今は哲学する武器マニアの武人。

    外面に反して苛酷な環境に居たせいか、チンピラじみた荒さがある。
    肉体的にも精神的にもそれなりにタフで色々とバランスがいい。が武人としての適正は低い。
    力に対する捕らえ方が弟とは違う方向に進んでいる。
    即ち正義は弱者の都合であり、力を持つ者が正義を語るのは独善になりかねないと。
    故に冒険者となった今では自らが正義を定めるわけにも行かず、さりとてソルレオンのそれはどうなんだろうとか思ったり冒険者こそが法であるという主張を聞いたりで色々悩みまくり。
    多分彼が彼の正解を見つけることは無いのだろう。
    恋愛については踏み込む一歩が踏み出せないが追い詰められるとやたら積極的に化けたりもする。
    愛刀は鳳仙花。だが武器マニアなために実際に愛蔵している武器は多い。
    六道紅、六道幻、啄み鴉、砕撃剣「昏キ耀」&斬悔刀「禍ツ月」、鬼神楽&禍沙庭、礫雷、追難乃禍神・緋月、屠竜。
    防御用だが刀の六道奏、四衛。
    他人に譲ったのが金剛虎牙、鬼椿
    他の武器の贄になったのが大祓禍神・木霊、マリア・ノワール夫人の慈悲
    …やたら多い。

    ●ルンフォン
    潤鳳と(略)
    カタコト系キャラ。きっと方言。
    本来は道化じみたキャラとしてデザイン。
    …だったんだけどBUに引っ張られた。
    普段は幼く純真な風で、でも冷静に現実を見据えて冷めた物言いは大人より冷たく。他人を欺いて自分を欺いて色々と見失いがち
    …なはずだけど面倒なので単純化。ただのバカ。

    三兄妹の中で唯一戦火を逃れて同盟に辿り付いた。
    旅芸人の家に預けられ、細かい手品などを覚えつつ育っていった。
    故に多少苦労知らずかも知れない。
    ある程度兄に憧れていたせいか微妙に「自分」の意見が薄い。
    再会して失踪した兄、シャオルンを多少理想化しすぎている。
    彼が残していった鬼椿を抱えて、何時かこの刀に見合うようになろうと努力中。
    力についての観点はかなり冷めていて、時に危険。
    無ければ補え。補いきれないなら逃げるだけ。貫くべきプライドが3人の中で一番無いタイプになる。
    恋愛についてのスタンスは年頃のそれ程度にあるようでないようで。
    言動が幼すぎてまず普通の完成から言えば興味対象外になるだろうけど。

    愛刀は無紋乃凪丸。兄が残した鬼椿が自分ではまだ使えないので死狂回廊から拾ってきて手入れした業物。

    ●リュコス
    仙家とは関係ない。
    セイレーンの狂戦士。
    なんとなく作られただけなので設定は薄い。

    妄想逞しくパゲになるという恐怖に常に苛やまされている青年。
    ちょっと10年ぶりに会ったら幼馴染の二人がカップルになっていてしかも何があったのか老夫婦になっている始末にカルチャーショック。
    (ちなみに片方は初恋の相手)
    そして男のほうの毛根がなんというか薄くなっていて日の光で透けて見える様がまるで蒸発したかのように見えた…とかなんとか。
    以来セイレーンの髪は本当に水であり陽光で蒸発したり風で吹き飛んだりすると信じ込んでいる。
    勿論、彼の被害妄想。
    ちなみになんとなく幼馴染たちが老人口調になってるので自分も老人口調にしているだけで本来は若者な喋りだったりする。
    パゲという言葉に過剰に反応し、ワカメをカツラ代わりに被ったり色々と激しいが一応それ以外はマトモ。うん。
    恋愛観は基本若者風。

    ●クァシェラ
    全く動かしてない作っただけのキャラ。
    設定も何も無くただ居るだけ。
    一番普通を満喫できそうで密かに愛着はある。
    スポンサーサイト
    【2005/11/30 11:50】 設定 | COMMENT(0)
    正しさと力
    生存競争は生き残ったものが勝者だ。
    だから。
    力ある者が勝つ。
    そこに善悪などない。

    正義は、いわば弱者の都合だ。
    より多数がより幸せであるための自衛のシステム。
    正義の枠から外れた他人を搾取する行動を正義の名の下に皆で成敗することで利益を保つ。
    互いに互いの権利を保障しあい、主張しあうためのシステム。

    だから。
    力に頼ったそれは正義とは呼んではいけないのだ。

    でも。
    正義は正義であるために力を欲する。

    悪に対抗するための力を。数と英雄で以って圧倒する。

    …正義の奴隷にはなるな。
    英雄と祭り上げられるそれは、正義のために英雄の名と引き換えに命を差し出す生贄だ。
    英雄は君を否定する。
    君の幸せを否定する。
    君と一緒に幸せになるべき人間を否定する。
    君と幸せになりたかった人間を否定する。
    君の幸せを犠牲にして、戦うように迫る。
    そんなものには、なるな。
    君は君のために戦え。


    力を、許すな。
    力を理由に幸せを踏みにじるそれを許すな。
    力を理由に不幸を強いるそれに
    力を理由に不幸に甘んじるな。
    強さを理由に敵は彼の者を貪るなら。
    弱さを理由に屈してはいけない。
    力を正義と認めてはいけない。
    力は正しさではない。

    我々には戦う力がある。
    だから、我々は正義を定めてはいけない。
    力を持つものが正義を定めた瞬間に力は暴力と化す。
    正義は弱者のためにあるのだから。

    我々には戦う力がある。
    だから我々は英雄になってはいけない。
    それは貴方だけでなく貴方が愛した人をも不幸にするのだから。

    我々には力がある。
    だから我々は力に屈してはいけない。
    力の強弱に従った瞬間に力こそ正義と認めてしまうのだから。

    正義に非ず英雄に非ず、力に屈しはしない。
    私は剣であり盾であり、それ以上に。
    希望を求めるただの人である。


    (コメント返しは下に。28日16時追加で2件)
    [READ MORE...]
    歯が痛い (BlogPet)
    いつも、シャオルンは
    あとどうでもいいが侍は「剛の者」と呼ばれたりするしレベル切りはいくら英訳でBladeSnapなんてできてもやっぱり刀技だし武士道は弓馬の道で弓が使えるべきだし、その、何だ。
    とか書いてた?

    *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「コダマ」が書きました。

    【2005/11/27 13:44】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    むがー
    ・・寝てる頭で書くと酷い文章になった。睡眠はたっぷりとるべきだ
    よし、無理はしない。
    うん
    【2005/11/27 06:18】 脳内物質垂れ流し文章 | COMMENT(0)
    蛮刀
    私は打ち刀(日本刀)として蛮刀を作っている。
    ある翔剣士は言った。
    「日本刀は太刀だろう?太刀で作れよ。翔剣士はそういう意味で実に侍だな」

    …侍は弓槍刀全て使えてこそなので弓の使えない翔剣士が(中略)
    むしろ翔剣士はレイピアが主じゃないのかっ
    フェンシングと剣術は戦い方が違うぞっ!?


    うん、コレは話の本筋と関係ない。いや、あるか。
    単に言われっぱなしは悔しいので細々と。


    まず蛮刀の定義だが実に種類が豊富。
    マチェットが蛮刀の代表格か。
    だが辞書で変換できないように、余りメジャーな言葉ではなかったりする。
    一応意味をそのまま取れば「野蛮な刀」だ。
    導かれるイメージは大体
    ・殴りつけるように力任せ
    ・芸術性よりも実用性
    ・むげふぁんだと体属性
    この定義に当てはまる武器は少なくない。
    例えばドイツの騎士達が使った「喧嘩用」事「カッツバルゲル」
    コレも一種の蛮刀である。
    ただ直剣のため長剣のイメージに分類するべきかもしれない。・・・名前はモロに蛮刀なのだが。
    つまり正確に蛮刀という種類があるわけではない。
    まぁ、正直に言えば武器の分類などあってないようなものである。
    が、ここで投げても仕方ないので続けよう。

    能力値から考えてみよう。
    体と技の定義だが
    体は鈍重で力まかせ刃は鈍い、技はスピード溢れ切れ味鋭い
    ・・・というのはそこそこに間違いだったりする。
    うん、誤解せずに聞いて欲しい。

    まず速度。
    パワーに溢れる攻撃が鈍重なのは格闘ゲームの話だ。
    力強いフルスイングがスピードがないわけないだろう。
    むしろ武器の重さは問題になれど
    つまり、攻撃の速度に関して言えば直線的か曲線的か、ということだ。
    筋肉があれば早くなる。力もまた速度だ。

    では切れ味。
    これまた難しい。
    切れ味鋭い武器とて重たくなれば力が必要だ。
    寧ろ刀も力で刃筋を安定させ振り、刃が対象にあたった瞬間手の内を締め斬るものだ。
    力強さが必要ないといえば嘘になる。
    ついでに言うとTRPGの長剣、蛮刀は切れ味鋭いものが多かったりする。


    では実際の刀はどうか。
    例えば胴田貫のような日本刀が技属性とは考え辛くはないか?
    確かに胴田貫は切れ味も凄い。
    が重ねを厚くする工夫は決して切れ味のための工夫ではない。
    剛刀と呼ばれたそれは明らかに「力」の領分だ。
    …というか打ち刀と太刀は別物だ。打ち刀は名前の通り打ち切る刀だ。
    だから太刀は技属性としてあるのはそのままでいい。
    だが打ち刀はどうなのだろう?

    まぁ剛刀と言う意味では先ほどのカッツバルゲルもいわゆる一般的ロングソードよりも叩きつけることを主眼に置いた剣であるからやはり蛮刀なのだろう。

    打ち刀をむげふぁんに引っ張ってくればどうなるか?
    まず打ち刀は片手か両手か?
    結論としてはどっちでも良い。
    結局日本刀はどこか片手半剣なわけで。
    長さ的には西洋の片手用ロングソード程度だが勿論両手でも扱うし、武蔵の如く二刀流でも可能であるし。
    区別するほうが野暮である

    つまり確かに太刀は技で両手持ちだが全ての日本刀がそれに囚われる必要はない。
    斬馬刀も刀身が3Mまでに長くなっただけの「太刀」だがコレを「相手の間隙を突くように華麗に操る」なんて不可能ではないのか。(寧ろ巨大剣だ)
    剛の者が力自慢で扱った刀なのだから。

    切れ味を重視した片手用の刀もあるだろう。それはサーベルで作れば良い。
    胴田貫の様に両手持ちの剛刀もありえる。
    ならば片手で扱えて重ねが厚い片手用の刀があってもいいはずだ。
    それが蛮刀という曖昧なジャンルに放り込まれても差し支えはないのだ!



    あとどうでもいいが侍は「剛の者」と呼ばれたりするし居合い切りはいくら英訳でBladeSnapなんてできてもやっぱり刀技だし武士道は弓馬の道で弓が使えるべきだし、その、何だ。
    翔剣士は格好良い侍で武人は力馬鹿なだけの西洋剣士っていう考え方はどうかと思うよ!OTZ

    [READ MORE...]
    【2005/11/27 00:20】 駄文 | COMMENT(2)
    武器作成ー (BlogPet)
    シャオルンが
    !」(グリモアエフェクト)とか色々クサイ理由が適度に吐けていいよね)うん、まぁ、色々。
    っていってたの。

    *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「コダマ」が書きました。

    【2005/11/20 13:57】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    ノルグランド傭兵大隊日誌
    数字から見たトロゥル戦線対策
    ~基本~

    数字に対するスタンスは賛否両論なので表に於いて言及するつもりはなく。
    既知の方には回りくどく眠いだけなので裏でこっそり
    これに従う必要は何もないが知っておけば己の実力を最大効率で発揮することも可能…かも
    まぁ敵を知り己を知る。の己を知ることに当たるかな?


    基本として成功度についての解説。
    成功度は能力値を1,2,4,8,16,32,64の数字で割った数字に【能力値/1d20】の数字が到達しているか否かである。

    つまり能力値20で成功レベル1が保証され40でレベル2が…となる
    乱数が1~20であるので割った際の数字の小数点以下は切り捨てにより考えなくて良い
    ここで能力値にキリの良い数字が存在することになる。
    先ほど上げた20で1Lv成功の絶対保証、などというアレである。
    能力値+道具の数字をどのラインを目安にすれば良いのか参考になれば幸いだ。

    ゴチャゴチャ言うだけ混乱するので結論から言おう。
    8毎に8レベル成功の確率が5%上がる
    16毎に16レベル成功の確率が5%上がる
    32毎に32レベル成功の確率が5%上がる

    ぶっちゃけて言えば能力値を成功レベルでわって5でかければその成功レベルの成功率が出るわけだ

    基本的に8倍数。出来れば16倍数。欲を言えば32倍数になるように道具の補整をかけて行きたい。



    4レベルで問題になるのが
    体;デストロイブレード通常時のクリティカル

    8レベルで問題になるのが
    体;レイジングサイクロンのクリティカル
    技:シャドウスラッシュの混乱
    技;斬鉄蹴のクリティカル
    技;アッドラックシュートの不幸
    技;薔薇の剣戟の死連撃
    心;幻惑の剣舞の消沈

    16レベル
    体;電刃居合い切りのマヒ
    体;デストロイブレード負傷時のクリティカル
    技;粘り蜘蛛糸の拘束
    技;鮫牙の矢のHP回復不能
    技;鮫牙の矢の出血
    心;暗黒縛鎖の拘束

    32レベル
    体;達人の一撃の消沈発生
    心;ハートクエイクアr(どかごすばき)


    ●メモ
    鮫牙の矢のHP回復不能だが。
    凱歌及び癒しの聖女の回復と同時に状態異常脱出アビは構造上
    1;HP回復
    2;幸運度チェック
    の順で行われる。
    つまり、回復せずにただ状態異常回復のみ行われる。
    鮫牙の矢の回復不能は被害者の行動後に成功してしまうと回復の手間がやたらかかるので有効であり危険である
    (つまり本人の手番で自力脱出前に凱歌をうたわせる結果になると美味しい)

    ●メモ
    「かばう」という感情が可能にするこの行動は
    庇う相手の「決定したダメージ、効果」を自動ガードで引き受ける。
    この際相手が到底こちらでは到達できない64レベル成功の行動であろうとガードしてしまう。
    Pガードと組み合わせると実にステキ。
    今のところ敵のデスブレに対抗するにはこれしかない。

    ●カウンター
    敵が使うと非常に凶悪な行動
    行動を行動でぶつけ合う行為。
    成功度対決を行うが体に特化したトロゥルの成功度の高さは折り紙つきで一方的にこちらの行動を潰して来る
    構造としては成功度レベル対決で狩ったほうが一方的に行動。同点ならば互いに効果を発揮する
    (例;リプレイ・ソルレオン午前試合前半。シャオルンVS狂戦士のデストロイブレード対決が同レベルの例)
    (例;リプレイ・決意の戦場。アヤナVSトロウル狂戦士の蜘蛛糸とLv64成功デストロイブレードで蜘蛛糸が一方的に潰されている。この後庇うが成功した例に)
    コンビネーションの割り込みにも使われるので注意

    ●要らん事言い
    1ターンに取れる行動は一行動。
    複数の役割として攻撃と回復を受け持とうとしても回復に手が追われて、となりやすい。
    メインの役割と可能ならば程度のサブの役割を。…が妥当だと思うんですがどうでしょうね。


    ●どうでもいい推測
    トロゥルが予想以上に「不器用」な気がする。
    もしかすると道具、武器属性チューンをしていない、していても僅かの可能性がある。
    あまりこの推測には期待せずに。でも気は楽に
    どちらにせよ「反応速度も地力も如何なる経験すらも全て我々が劣っている」ことは忘れるべきではない。









    他にも纏めることあるんだけどまぁ、基本。基本。
    【2005/11/19 08:05】 未分類 | COMMENT(1)
    歯が痛い
    今日も背後です
    …歯が痛い。
    いや、何が原因かは判ってるんです。虫歯じゃありません。
    …眼精疲労OTZ
    2徹は出来てた体力は今何処。
    運動しなくなると体がごっそりこそげるこの体質何なんでしょう。胃下垂?
    ともかく眼精疲労が肩に来て肩の張りが歯痛に化ける……
    鎖骨付近の筋に針刺してGo
    …デリケートに酔う程年はとってない、とってない

    空いた時間で山に行こう



    私は街路樹が嫌いだったりします
    あの無理にこっちの都合で枝を切り飛ばして無理矢理植えるあれが。
    反面野放図に荒れた、畑が沢山並ぶ平野な田舎にぽつねんとある神社や寺が大好きです
    崩れかけた土壁に俺を遮るものは何もないぜと思う様伸ばし茂った枝葉。
    古臭く雨風を耐え抜いた建物と石灯籠

    ああ、もう、大好き。

    同じように畑の広がる平野にぽつんと何故かある木なんか溜まりません
    …友人は私を「変態?」と言いました。変で結構。

    ボロくさいそれは好きなくせに法隆寺とかは心ときめきません(何故)
    何がそうなんでしょうね。
    田舎で、門前町で育ったせいでしょうか。
    きっとあの風景が原風景なのか。
    …いや、育った町にあった寺はどっちかと言うと手入れが……。

    ……ま、いいか。

    壁沿いに植えられた桜が春は花吹雪に。
    青葉の季節は毛虫に閉口しながら眩しい緑に目を癒し。
    夏は蝉時雨を木陰で浴び。
    秋は落葉に。
    冬は漫ろになった枝の間から空を望み
    初春は蕾に春を待ち望む。
    年経るよりも巡る季節の繰り返しばかりでいつの間にか年を取った事に気付いたような気がする


    あー……うん。帰ろう。時間が取れたら。
    そうでなきゃ田舎巡り。

    もしどこかの田舎で畑のど真ん中に生えた木を見つめてはぅぅとか言って和んでる変人がいたら私です。
    でも石は投げずに輝く笑顔で「キモい」と罵るに留めてください。ええ。
    【2005/11/18 12:41】 脳内物質垂れ流し文章 | COMMENT(0)
    武器作成ー
    (背後的話題)
    すっごい暗い時の日記の残骸を間違えて掘り出し。
    忘れていたつもりはないけれど冷静にあの頃を見るとなんだかなぁ
    元気でやっているのかとか、と届くはずも無い、そうであるはずがない言葉を呟いてみたり。
    やっぱり思い出せば恨めしくもあり、また。

    と、遅れて冬支度。ロングコートをクリーニングに出してベストを引っ張り出して。
    ウザったい静電気防止のゴムバンドつけて完成と。バッチコーイ。
    祖父から酒粕を強奪する季節ももうすぐかなっと。
    (以上背後話。略称ハイバナ)

    まぁなんだろ。
    弓作ったっス。

    啄み鴉 ツイバミガラス 弓
    折り畳み式の小手につける鴉を模した黒い弓です。その嘴は鏃にて鎧を貫く。

    貫き通す矢をセットした弓だな。
    能力はそこそこしかないけどウェポン使う武人なら使いこなせるはず。
    名の由来は素材提供してくれたレイヴンの名前から(注;無許可。だが何も言われなかったので良しとする)

    これに伴ってなんとなく「友人たちの名を一字貰った武器シリーズ」なんて作ってみたいかも

    例えばベアリクス(また勝手に出した)なら薔薇→茨って事で…
    嘆きの茨 ナゲキノイバラ 槍
    紅に染め上げられた片手で扱える鉄の針です。

    とか。
    いや、他にも名前だしたいなーという人はいますけど
    店長なら「月」だろうか。マオーガーさんだと何だ。「魔」か「王」か「牙」か(最後当て字だ)
    息子は「陽」?やべ、店長(義理の娘)とセットにすればおもしろいナ
    (…既に月と太陽の名前のセット武器あるんだけどナ。)
    エッジだと「水銀」だわな。もしくは「風」か
    リュウ君だと「竜」になるかね。
    (あ、二丁斧に竜の名前あるな)
    城主なら…なんだ?「亀」か!「岩」か!岩本ガルガルガ!
    妹御は「夜」かねぇ
    おとーさんは何だ。「眼」だな。え?違う?まぁ「白」か「本」だろ…「本」は無理だ。「白」だ。

    んでドンジリに上げる本命のアヤナさん。…「華」ですか「彩」ですか。
    紅い花と言えばメイン武器の鳳仙花も紅い花の名前だな。
    花言葉は快活。繊細。
    対に自分の名を上げるなら「暁」なんだろうかね。

    あー、他にも居るんだが。
    まぁ上げたら切りないしな。
    さぁ、やるか。


    【2005/11/17 12:14】 設定 | COMMENT(0)
    (BlogPet)
    シャオルンが
    個人的な感情の強弱とか解釈、強度は色々とあるよく使う感情で私の場合恋人;おんりーゆー言葉説明不要に最上位感情。
    とか思ってるよ。

    *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「コダマ」が書きました。

    【2005/11/13 15:44】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    思考の軌跡のメモ
    回復役は極論HP300程度回復できるだけの人員が居れば良い
    結果的に必要な人材は火力>壁>回復になる。
    候補から考慮するに
    純火力>火力+壁>壁+回復というところか。

    有効攻撃ステータスは技と心。体も相当特化すればガード突破する有効打は少ないが可能。
    技系、心系クラスには特化した体クラスなら体属性で同等クラスの計算。
    但し能力値が128を越えた時点でかなわない64Lv成功がどの属性でも10%起こる。

    武人の弓攻撃は貴重。貫き通す矢+ウェポンによる底上げでかなりの効果を発揮。
    後衛だろうが防御無視で打ち抜けるために重要。

    武道家の連撃は防御無視。だがガードに打ち勝たねばならないのが辛い。
    対象のHP不足も考慮

    前衛張る必要の張るクラスは鎧強度の考慮も必要だがHP350クラス。
    っつーか300以下は前に出るな。
    300の根拠だが。
    試算データだが平均ダメージの割り出しが安定しない。
    安定しないが大体150クラスを鎧強度考慮に入れてもらう可能性がある。
    つまり2発でノックアウトの可能性がキッチリあるレベルなのだ。
    この数字は余り高い数値の試算ではなく両手持ちの得物に成功レベルを考慮して上級アビによる攻撃を考えたものだ。
    …まぁ今一この数字が「怖い」と思えるかが色々な選択肢の分かれ目になることだろう。

    ちなみに計算の元は余り愉快ではないが私がノックアウト食らった時の数字からの逆算だ。
    他の皆でも一応荒い計算とも呼べるか怪しいモノはしてあるが大体その程度。
    …闘技場で高Lvのぶつかり合いの恐怖だよ、うん。
    100でも150でも。とにかく2,3発で倒れるキャラに前を任せる余裕は余りない。
    本当は私も前衛失格レベルのHPなんだってば、さ。
    後ろに下がれるなら俺下がりてぇよ…ああ、でも前に出なきゃ私じゃねぇやナ
    感情論
    といっても感情で論理を展開することではない。
    むげふぁんのシステム、「感情」システムの事だ

    この感情システム。PBWでは詳しく解説されていないはTRPGではかなり戦闘のキモを握る重要システムである
    (PBW版とTRPG版は全く同じシステムと謳っているので正直感情で出来る事はもっと解説しておくべきかと思うのだが)


    まず一つは図書館にもあるようにコンビネーションの発生。
    TRPGとシステムが違う(TRPGのはタコ殴りだ。1ターンに3回ずつ行動も)がまぁ、ともかく。
    イニシアチブをコンビネーション発動組の中で最も高いやつに合わせて行動が出来る速攻戦術。
    欠点は「敵の行動を待ってから回復」という時間の使い方を潰しかねない。…まぁプレイングで防げるが。


    もう一つはカウンター。
    敵が自分に行動を仕掛けてきたときに防御ロールの代わりに使用。
    攻撃ロールに対し攻撃ロールで勝負する。
    ……正直モンスターのような一騎当千…とはいかずとも一人で戦うべきではない能力値の相手にコレで挑むのは分が悪い。
    が、TRPGにはグリモアエフェクトなるものがあるので使える行動ではある。悪い賭けでもないし。
    成功レベルを比較し同Lvならクロスカウンター。両方の効果が同時に発動。
    片方が勝れば勝った方が一方的に効果を発揮。
    トロゥル戦線では敵が使ってきたら嫌な行動の一つだ。
    こちらの肝心要の「拘束アビ」行動を狂戦士の圧倒的な体能力でカウンターされると一方的に負けかねない。
    次に述べる「庇う」で即死は免れえても拘束行動を潰されるので困ったものだ。


    ラストの庇う。ある意味絶対の盾とも言える。
    仲間の前に割り込み代わりに攻撃を引き受ける行動。
    「ダメージ」「効果」が確定した後にそれを引き受けるが、引き受ける側も自動で「ガード」が発生。Pガードを併用すれば引き受けても平気ということが多い。



    まぁ以上が感情の戦闘面の恩恵なワケだが。
    …この感情って意外と解釈に困ることが多い。
    密やかに思っている相手から「好意」で返されたら普通期待しないか。とか。
    「秘めた恋心」は秘めてねぇとか専らの噂だし
    「対抗心」と「ライバル」、「相棒」と「パートナー」って同じじゃないか?とか
    「顔見知り」をかばうって・・・いや、夢見が悪くなるのかも知らんが理由薄すぎないか?とか
    TRPGの「約束」って熱いよなー。とか。(「あいつと約束したんだ…!俺は、もう、躊躇わないと!!」(グリモアエフェクト)とか色々クサイセリフが適度に吐けていいよね)
    うん、まぁ、色々。
    特に「好意」って紛らわしい。TRPGでは「暴走」すると「嫉妬」です。「嫉妬」。
    まぁ、同性の友達に恋人が出来て、その「友達の恋人」に嫉妬して「あいつは止めた方がいい」なんていう例も見てきたけど。

    (…友情の裏返しなのでしょうか。友達の幸せを妬むんじゃなく友達の一番が自分であって欲しいとか言う感情)
    (いわゆる「嫉妬旅団」の嫉妬とは妬む対象が違うし理由が少し悲しい)
    (仲良かったのに、そんな理由であんなふうに彼らが不仲になるなんて)
    (いや、背後の経験話ですけどね)
    (まぁ想いも過ぎれば毒になる、と)

    謎電波が割り込んできたがともかく。

    個人的な感情の強弱とか解釈、強度は色々とある
    よく使う感情で私の場合

    恋人;おんりーゆー♪説明不要に最上位感情。語ると止まらないので危険
    尊敬;最上位感情の一つ。人間、何かしら尊敬すべき点はあるものだが他の感情全てよりこの感情が最適と思える場合のみ。
    戦友;取りあえず一緒に死にそうな目にあった仲、遭ってもいいと思える仲
    信頼;背中を任せるに足ると認めた人。基本的に一方通行気味な「戦友」
    好意;「あ、この人良い人だ」程度。
    好き;好意の上級。感情的には子供の感情。深い意味も何もなく「好ましい」。昼ドラじゃありませんっ
    大好き;ネタが通じる相手は大好きです(ぁ)。本来の字面と違う用途のネタ感情。
    友情;「好き」が一方通行でない上で相互理解がある程度出来てるつもり
    愛情;身内と認めた場合。キャラによっては誤解産むのがイヤン。
    冒険仲間;超無難感情。
    腐れ縁;設定を合わせた相手としか使わない。弟が一緒にむげふぁんを開始した相手に結んでる程度
    お得意様;使い勝ってが今一悪いので「信頼」とか並んじゃいそうなら使う。
    気になる存在;妙に興味が向く相手。次ぎはどんなネタを!?
    固い絆;ネタを共有した。もしくは何かを乗り越えた仲。経験から来る感情
    義●●;会話のノリの結果。ネタ交じりだがネタ抜きに変換すれば大抵友情や愛情だったりする
    親;「おとーさん」。特定個人を指してしまう様になったネタ感情
    かわいい;頭を撫でさせなさい。いいから。後お菓子食べないか?
    忠誠;クズノハで闘技場でたら全員ネタ感情つけおってorz
    対抗心;ネタじゃない。ネタキャラじゃないんだ!

    基本的に複数の感情を持ちたいが余裕もなく。一番強い意味合いを選んで使用中。

    ●以下レスポンスコーナー
    [READ MORE...]
    【2005/11/11 08:10】 駄文 | COMMENT(0)
    適当な数字
    トロゥル
    体13
    技5
    心3

    Lv65のステータス予測

    体系クラス
    体25→185
    技12→88
    心12→88

    体140~199
    技44~125
    心51~125

    技系クラス
    体20→148
    技19→140
    心10→74

    体125~199
    技81~170
    心29~111

    心系クラス
    体19→140
    技14→103
    心17→125

    体103~185
    技66~140
    心74~155

    武道家
    体22→162
    技16→118
    心12→88

    無風最適化すると103が最低値?
    体133~199
    技74~140
    心44~118


    吟遊詩人
    体20→148
    技16→118
    心14→103

    体118~192
    技74~140
    心59~133

    あくまでも中間的数字を取るためのデータでコレより高くも低くもありえる。
    傾向として心技が100前後で実用域。体も150クラスで実用域



    能力値予測の最大と最小追加。
    ぶっちゃけノルグランドの皆にしか意味無いよねってデータ!




    レイジングサイクロン 8
    デストロイブレードLB 16

    体属性の鬼っ子バッドステータス








    抵抗率100%95%90%85%80%75%70%65%60%55%50%45%40%35%30%25%20%15%10%5%0%
    強度8160152144136128120112104968880726456484032241680
    強度163203042882722562402242081921761601441281129680644832160

    ああ、うん。凄い意味ねぇなぁ、もう。
    敵のLv66と仮定しちゃおうか。理由は計算の都合。
    巨大剣の攻撃力素が128.フルチューンで202だね、うん。
    で、だ。体値が低いと(200+成功度-鎧強度)のダメージを直で(半減してもクリで2倍になる)わけだ。
    私は何とか9割クリはじいてるけどカンペキじゃねぇや……。実は未だに体値160にしていくか悩んでるくらいだけどキツイ。正直。
    道具の修正は特化させると強化効率が悪いからな。
    負傷デスブレに至っては五分以下でクリになるし鎧強度で多少誤魔化そうがアウトだ。
    …鎧強度100あっても350~380は喰らうなぁ。無理。

    結論
    体値低い前衛はトロ戦線無理できねぇ…(吐血)
    庇うだって絶対じゃないんだから、基本スペックは無視できない、か。
    私は楽させて貰ってるからいーけどさ。
    あんまり私よりHP50とか低いか体値が低いとかだと前は危険かも知れない
    イヤデスブレはもう庇うしかないんだけどね。
    それ以外の攻撃で無駄にダメージを。特にレイジングで無駄に被害受けるのは危険。
    【2005/11/09 09:26】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    ノルグランド傭兵大隊日誌
    ソルレオンからのお達し

    二名ほど戦死者の弔いに帰国を短期間許可。補充戦力が居るなら連れて来ても構わない

    ………ハ、ン。

    まぁ、なんだ。
    少し個人的にソルレオンとの交渉でソルレオンを絶対正義と見過ぎていたのが今更に思い出されるな
    ソルレオンの正義は確かに広く認められるものであるが狭量で一度の罪に対しても苛烈に過ぎるきらいはある。
    …いや、勿論国境を奉仕種族に化けて突破なんてのは侵略行為に見えて当然なんだが。
    …文句を言う立場ではないな。
    …同盟が同盟の正義を証することが出来なかっただけだ。

    とりあえず現状足りないのはドリアッドの樹木結界の案内人を兼ねれる冒険者。
    そして壁と吟遊詩人、癒し手か。

    余り友人達には来て欲しいようで来て欲しくないようで微妙だ。
    友人と言う存在は頼もしい。
    頼もしい故に失いたくない。だから怖い。

    出来ることならくんな。でも来たら歓迎してしまいそうだ。

    でもな。うん。


    背負い込んじゃダメだ。やっぱり。
    自己犠牲の精神はやっぱ「逃げ」だ。
    命と引き換えにしなければ駄目という状況での自己犠牲はもちろん肯定できる。尊敬できる。あの人のように。

    でも残された人間を考えなきゃダメだ。
    誰かと関わったら、そいつと一緒に幸せになる義務がある。
    残して死なれたら結局残された側はどうだ。悲しむしかないじゃないか。
    不幸にしちゃうんだぞ。他人の幸せ守ったつもりでも。
    だから、英雄的には死ぬな。誰も。
    尊い犠牲なんて言葉になるな。過去形になるな。
    幸せになろう。

    でも。

    最小限の犠牲の理屈も理解出切る。
    誰かを守って死んで行った人の決意も否定できるものじゃない。
    …だからこんな呟きは表に出さずメモ帳に書き記すだけだ。


    Everybody knows they don' wannna cry...

    [READ MORE...]
    ノルグランド傭兵大隊15日目 (BlogPet) (BlogPet) (BlogPet) (BlogPet)
    六重などをシャオルンしたかった
    大きい大喜びとか大喜びと、大きい六重とかしなかったよ
    今日は、BlogPet(ブログペット)の「コダマ」
    が書きましたこの街の♪*このエントリは、BlogPet(ブログペットのエントリとか書きましたとか思ってるの*このエントリは、BlogPet(ブログペット)
    の*この「コダマ」
    が書きましたとか思ってるの*このエントリは、BlogPet(ブログペットのエントリは、BlogPet(ブログペットのエントリは、六重で大喜びと、シャオルンが、大喜びと大喜びや六重など大きい大喜びなど大きいコダマは、BlogPet(ブログペット)
    の「コダマ」
    が書きましたこの街の♪今日、六重で大きい大喜びなどをコダマが書きましたこの街の♪今日漢で広いエントリとか書きましたこの街の♪今日漢で大きい大喜びや六重などをブログペットしなかった


    *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「コダマ」が書きました。

    【2005/11/06 16:51】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    新装備案とネタ。
    鎧聖降臨奥義の鎧か盾を用意する必要がある。
    修練度も足りないけど、取りあえずアビつきのどちらかを用意せねば…。
    HW奥義も必要になるだろうけどこっちは鎧、盾の両方に素材あるのでOK。
    つまり鎧聖降臨奥義次第。

    森林専用迷彩コート【森淵】
    皮コートに森林迷彩加工を施し、音が鳴らぬ様に金属板を内側に仕込んだ物です
    読みはシンエン。金属鎧なのは防御効果落とせないから。

    そして盾。

    護刀・四衛
    軽く丈夫で受け流しに向く殺す為ではなく生き抜く牙として鍛えられた脇差です

    パリィングダガーな盾は前から作りたかった。小手のが【居合い】は向くんだけど。
    後打ち刀って長さ実はロングソード程度だからやっぱ太刀とは別だな…。





    そして、ネタ…は変に悲壮感出たので削除
    【2005/11/03 22:07】 駄文 | COMMENT(0)
    Over the Killing field
    鎖に縛り剣を掲げ刃に誓え。

    その名を牢記せよ。

    己が何者で

    誰のために戦うのかを。

    英雄や勇者と呼ばれる為ではなく

    己の幸せの為に剣を取れ。

    己が死に涙する者こそ

    剣に自らを縛る鎖であり

    命を繋ぐ枷である

    そして誓え

    還る、と。



    殺戮の野を越えろ

    【2005/11/02 05:33】 脳内物質垂れ流し文章 | COMMENT(0)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。