一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    入梅
    入梅の翌日。
    朝はどんよりと。暑苦しくなくむしろ肌寒いくらいの空気。
    蒸し暑いよりはマシだと思うものの、さすが梅雨といった薄暗さだと思った。
    交通手段を電車からバイクに今年から変更していたのだが、梅雨の間は電車にすべきかとちょっと悩んだ。

    現在は昼。
    ちょっと遅い昼食を取るべく休憩を取って外へ。
    入梅の翌日だ。
    空は青く澄み渡り遠くに夏特有の入道雲が見える。
    入梅の翌日なだけあって北半球は太陽に近くなっている。
    日差しは照りつけじりじりと肌を焼く程に強い。
    体感気温は30度を超えている。実際はそこまでは暑くないだろう。
    繰り返す。

    入梅の翌日だ。

    ………ちょっと入梅に合わせて髪を切ったり服の種類を整えた自分が虚しくなった午後。

    (そーいや、昔は「良いお湿りですね」なんて言葉もあったらしいなぁ。いい天気ですね、の雨の日バージョン)
    スポンサーサイト
    【2006/06/10 13:44】 駄文 | COMMENT(7)
    四方山話
    ●近況
    ノルグランドFINALとか凄いスレッドが立ってしまった。
    どうでもいいが霊査士二人のコントが黒い。
    今「くろい」って変換打とうとしたら「黒衣」になった。
    普段何かいてるやら。

    ●武器の名前
    最近手抜きなのか使い回しが多い。
    ちゃんとじっくり考えたいな。

    ●最終任務
    一応話し合いは把握はしているが意見を出すに至らぬ歯がゆさよ


    ●役割
    自分のクラスに拘る意味はない。
    能力値とアビ、アイテムで決まる。
    あくまでクラスは方向性であって代替の効かないものではない
    …武人やってると心底そう思います。てか武人らしさって何よ。

    ●ボケとツッコミ
    あくまで基本事項。
    茶室での会話でアビツッコミ等が普通に行われてはいるが。
    攻撃されるに十分な理由があるから吹っ飛べるのだ。
    関係ない人間が「殴る事を楽しみ」にアビツッコミをすると不健全ではある。
    というか以前背後が関わった別コミュでも問題になった。
    取り合えず偉そうに言える立場でもないのだけど。

    愛を以って殴り合おう。こいつなら殴ってもいいというのとは別だ。

    殴られる側も殴る側を信頼しているから殴られれる。
    だから横から口を挟むのも無粋ではある、が。

    …ってなんかSMの話題に見えなくもないなコレ。


    ●作戦旅団とか
    私は知るはずのない知識なんだがなぜか知ってしまったのでちょっと感想。

    後方は荒れそうだ。

    第1は…とりえず無難そうな雰囲気か

    第2。ケースごとの作戦をどう作戦書に収めるかがカギだな。

    第3は先制パンチを打ち込んだはいいが物言いで敵を作ってる気がする
    基本的に色々と柔らかくすればいい感じだとは思う。
    隙を見せない生き方は味方を作らずに敵を作る。そう思わされた。

    第4。
    マロニエ。あんた何食ってる。
    というかあんたか。拠りによってあんたか。
    いや、ええと、なんだ。
    纏ってる雰囲気が不気味すぎるだけなんだが。
    不気味すぎて不気味ゆえにああもう。
    取り合えず一度だけ依頼でご一緒したねぇ。

    ●トロゥルの全身図
    腕長すぎ。
    つか胴がながくて腹でっぷり。
    確かトロゥルは奉仕種族を搾取しては新たな領土を得てさらに搾取する焼き畑農業的な種族だと聞いていたが
    外見まんまだな。

    でも実際は変わり者もいるわけで。


    ●覚悟とか
    余りこういうのは言葉に出すと安っぽくなるなとは思うけれど
    一度書き出してみて一つの文章にしないとゴロゴロ心の真ん中で揺れそうでつい書いてしまう。
    こっぱずかしいので表立って旅団その他で言うつもりはない

    ●恋愛スタンス
    多分、言うべき事を言うべき場所で言い損ねてるタイプ

    ●正義とか
    法律的にいって、「多数の権利、利益を保護」する為の、つまり多数の弱者の防衛概念だ。
    「人に自分が嫌がることをしない」はその最たる例だろう。
    よって力ある人間が正義とか言うとロクな事にならない。
    軍部が政治介入するとアレなのは昔からだ。

    まあ、ちょっと歪むが正義=他人の為に戦えることなのかも知れない。


    ●私が「アヤナさん」と呼んでしまう理由
    多分、尊敬してるから。
    尊敬できる相手はついつい、自然に敬意を払ってしまうものだから。
    …別に距離を置いてるつもりはえーと。

    ●ネタ人間関係
    かなーり、朧月の人間関係がアホな事になっているのは前からだが…。
    もはやネタと呼ぶより家族ごっこになってきている。
    偽物でもいいから、家族で居続けられたらとか思ってしまうのはなんなんだろうか。
    でもつい、娘さんを店長と呼んでしまうのは色々迷惑かけてしまってる引け目。きっと。

    でも娘さん夫婦が妹の両親というのはカオスすぎると思う。義理母が娘だっ!?

    ●予防線
    「自分は馬鹿だからー」「私は偽善者だからー」
    とか言う類の発言は予防線だ。
    先に自覚してるよとアピールすることで他人に言われないための。
    だが得てしてそういう者ほど、その逆に拘っている。
    そうでなければ、そんなことを自覚(する振りも)できないからだ。
    良い人で居たい偽善者。有能でありたい馬鹿。
    背伸びする必要はないと、誰かが言ってしまえば楽になれるのだろうか。
    ただ、それらの行動は唯の焦りと防衛本能から来るだけでそうであろうという努力はしてないわけではないので
    意外と肩の力を抜けば彼らの理想は直ぐ其処にあったりする

    とか言ってると「こんな偉そうな事言ってるけど私、馬鹿だから」と逃げれなくなってしまった。へーるぷみー。

    ●罠
    取り合えずノルグランドでの罠の効力だが
    トロゥルとの初顔合わせの時の「泥濘に足を取られていなければ、あっさりと接近を許していただろう」が指標になると思われる


    ●策
    で戦況をどうにかしようという思考に囚われるとろくな事にならない。
    取り合えず自分は有能だ、こんな作戦思いついたぞ、等と言う風に考えてしまったらその作戦には穴があると思っていい。
    無理に有能であろうとせずに謙虚に真正面に考えるべきだ。


    ●プレイング
    放っておいても私たちは戦闘においては攻撃にしろ防御にしろもてる経験の全てを以って戦っている。
    ので、詳細にその技術を説く必要はない。
    する必要があるとすればその動作を描写してもらいたい時位だろう
    ただし、事前に相手の予備動作を盗むプレイングの類は多分防御ボーナスがあったりする。きっと。
    ただし、此処に拘ると無駄に文字数を食うばかりか足元をすくわれかねない。



    ●ノルグランド
    お世話になりました。色々。
    MVPはハルトさんだろう。
    や、皆、皆なりに頑張ったけどね。
    私も何かの役に立ててたらいいな、と思う。
    ちょっと自分では自信がない。
    まぁ、認めて貰いたい人はこっそり頭を撫でてくれたのでよしとする。
    さて、もう一踏ん張り。
    [READ MORE...]
    【2006/03/09 12:24】 駄文 | COMMENT(0)
    トバルカインの剣
    背後です。

    基本的に、神話の武器はご大層過ぎて自分が扱うキャラクターには分不相応。
    そう思っていたり。
    よって基本的に武器は自分のセンスでモチーフになる神話は一つもないのだけど。

    神話の武器自体は好きだったりする。
    古今東西問わず。

    まぁ、ビジュアル的には日本刀が一番好きではあるけれど…。
    神話にはどちらかと言うと性能よりは「意味」が問題になったりする。
    剣としての由来は大別して4つ。

    1降魔調伏に拠る神性
    2特殊な製造に拠る魔性
    3権力などのレガリアとしての意味
    4剣の性能自体から神話に登場するもの

    まぁ、4は他に付随することが多いが、昔話に出てくる剣、特に中国あたりは4のものが結構あったりするので、他と分ける。

    語り継がれるうちに役割を与えられるものも、少なくはないが…。

    トバルカインの剣と言うものがある。
    伝説自体がイマイチはっきりしない剣だが…
    トバルカインはレメクの息子として生まれた、アダムから数えて第7世の人間。
    全ての鉄と青銅を鍛える全ての刃物の作り主、とされる。
    彼は最初の殺人者ことカインとその兄弟を…って聖書くさい文体になるとこだった。

    ともかく彼は彼の兄弟を守るために、天に祈り、天はそれに答え星を降らせた。
    その、まぁ隕石を彼は槍に仕立て上げた。隕鉄で武器を作ると言うのは凄いことなんだが…。
    この槍は折れも欠けも錆もしない不思議な槍だった。
    槍の名前はロンギヌス。
    後に岩に隠され兵士長の手に渡り、キリストの胸を突く、あれである。
    聖者を傷つけたと言うイメージでロンギヌスは魔性のイメージがあるが、聖者の血で聖別された神性な槍だったりする…が、ともかく。
    この槍、聖遺物として伝わっているのだが変な力、というか意味、役割が与えられている。
    それは槍の持ち主は世界の王者になると言われているのだ。ヒトラーがコレを探したとか言う噂があるが…
    あながち、何に手を出してる川からない彼ならこの伝説にすがったかもしれない。
    まぁあくまで噂だ。

    ともかくロンギヌスは1~4の全てを満たすケースの武器であったりする。
    倒したのは魔物ではなく聖者だが。

    で、もちろんトバルカインは兄弟「達」に作ったのでロンギヌス以外もあるわけだ。
    それがトバルカインの剣。
    レメクが「この岩すら叩き切る素晴らしい剣で傷の報いに死を与えよう。カインに対する報復が七倍ならば俺はそのまた七十倍で以って報いよう」と言ったと言う。

    神唄にでてきたトバル・カインの七十七罰のモデルはコレだろうな。
    あっちは剣ではなく槍だが。

    ともあれ、色々と皮肉っぽい出自の剣である。
    【2006/02/23 17:56】 駄文 | COMMENT(1)
    制服完成ー。
    はい、3倍速すっとこどっこいことシャオルンです。

    …ノルグランド傭兵大隊の制服BUが3日で着ました。
    恐るべきはニョロリ絵師。
    イモアイコンで話題を席巻していたと思ったら仕事も速いとですか。
    格好よく仕上がりました。まるで私じゃないようだ。

    いや、まぁ。その。
    発注理由のひとつに2枚目のBU寒そうというのが…。
    フォーナアイコンなんて肩出てますよ私。ひぃ。

    ネクタイがゆるいのは発注文章のせいです。

    いい機会なので制服というか大隊に対する私のスタンスを再確認
    [READ MORE...]
    【2006/01/18 09:58】 駄文 | COMMENT(1)
    召喚獣運用法
    豪運に戻ったし、情報でも纏めておくか、と。

    ●ダークネスクローク

    能力:防御判定を二度行う
    ステータス増加:HP、CP共にLv*3上昇
    私見:
    防御的要素の大きい召喚獣。
    最大限、これを活かすなら技特化翔劒士かフラットステータスに近いものが有利。
    穴を埋める要素が大きい召喚獣だが回避に優れたものには長所を伸ばすための召喚獣でもある。

    召喚獣使い同士の戦いになった際には長期戦化する恐れがあるので今までの一撃必殺戦法は少々難しく、回復のし甲斐がある戦闘になると思われる。
    欠点はないが、敢えて上げるならば。
    防御的要素の大きい召喚獣だけに本体が決定打を持っている職でなければノッカーとしては本当に穴を埋めただけで終わってしまう。
    タンク、ヒーラーはしぶとければしぶとい程良いのでそれはそれで良いのだが。
    基本的に誰にでも似合う。
    が、攻撃的な武人や偏ったステータスの武道家が活性化するのは勿体無いと思われる。

    ●キルドレッドブルー
    能力;通常攻撃にステータス異常を二種付与。
    ステータス増加;HPはLv*3,6。CPはLv*2,4。
    私見;
    通常攻撃に対する能力付与なので継戦能力の高さが上がるのが目に付く。
    ダメージ増加こそないがLv34を越えた時点でその通常攻撃は達人の一撃や緑の束縛以上の拘束性能となる。
    ダメージが発生するので束縛と比較するのは不毛かもしれないが。
    通常攻撃に迂遠ながらも決定打をもたらすので、本体自身の職が優秀なアタッカーだった場合は恩恵が薄い。
    たとえば狂戦士、翔劒士、紋章術士。
    だが反面通常攻撃に射程をもたせれる武人、忍び、牙狩人、武道家は30m射程で達人の一撃が打てるのでかなり怖い。
    …紋章術士は向いてないとは言ったもののもチャクラムがあるので使える。しかもチャクラムを使えるほどに技能力が高いならキルドのもたらすHP増加は美味しいだろう。
    牙狩人は持ち前のアビリティがかなり優秀な上に拘束能力のある矢(初級にもあるけどアレは・・・)を打てるようになったのでかなり心強い。
    武人はWOがあるので威力は持たせられる。
    武道かは連撃でどの属性からも打てる。
    威力的な強化ではないが、攻撃的な召喚獣だ。
    側面、体力が大幅に上がるという、堅実な防御的なところもある。
    後衛の黒炎覚醒+HP補強か長距離束縛、武人、武道家辺りの継戦能力UP辺りが主用途だろう。

    ●ミレナリィドール
    能力;新種別攻撃の攻撃判定を二回。
    ステータス増加;キルドの逆。
    私見;
    超攻撃的召喚獣。
    属性を心属性と限っているが、Eノヴァを余裕を持って活性させるCPと、その強大なEノヴァをより確実に当てる能力。
    非常に攻撃的だ。
    Eノヴァは緑の束縛や暗黒縛鎖、ファナティックソングでより確実に束縛すると言い換えてもいい。
    後方の直接、間接火力支援キャラに美味しい一品。
    だが医術士には反面向かない。
    クローク程度で凱歌などのCPの重い回復も用立てできるし、もしくは凌駕する魂でもいい。
    別に回復の成功レベルが上がっても同盟のLvじゃ成功レベル分の誤差も小さい。
    アビリティ主体の心属性攻撃キャラ向け。
    【2006/01/10 14:41】 駄文 | COMMENT(1)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。