一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    召還獣について
    追加されたし、私的まとめ。


    ●ダークネスクローク
    基本的に前衛はこれがほぼベスト。
    ガード成功率が上がるので、バッドステータスを弾き、Pガード系で生半な攻撃を全て弾く。
    流石に現在唯一の防御専門召還獣だけは、ある。
    用兵的には安定した前衛を供給できるので
    ダークネスクローク+Pガードorフェザー系
    もしくは
    ダークネスクローク+カウンター(無風、殲術)
    が有効。
    あくまで防御的なので攻撃役は別途必要。
    前衛向きだが、とにかく生き延びなければならないキャラが必要とする召還獣
    だから医術士もなるべくこれの方がいいだろう。攻撃したいんだというなら別だが。
    好相性クラス;武人、重騎士、狂戦士、翔剣士、忍び、医術士、武道家


    ●キルドレッドブルー
    扱いが難しい。攻撃力が高いわけでも命中力が上がるわけでもなく、通常攻撃自体に価値を見出すタイプ
    武道家の連撃を狙うのでなければ、射程付き武器に頼るほうがいいだろう。
    前衛としての壁能力はどうしてもダークネスクロークに見劣りする為、冒険者同士の戦闘に於いては多少、心もとない。
    が、1対1の状況なら拘束能力も高いので攻撃的防御効果も見込める。
    よって
    キルドレッドブルー+ウェポンオーバーロードor黒炎覚醒
    か次善として
    キルドレッドブルー+武道家の素手連撃
    だろう。
    HPが上昇はするものの、攻撃アビを多数使用しないが前提なのでCP不要→HPが上昇しているだけの、実は後衛向き召還獣だと思われる。
    好相性クラス;武人、武道家、忍び、牙狩人、紋章術士


    ●ミレナリィドール
    心攻撃特化。ダークネスクロークで前衛(タンク)と回復役(ヒーラー)が耐えて後方の砲兵(ノッカー)の強力な一撃。
    典型的な、古典的役割分担を果してくれる召還獣
    直撃率やクリティカル率が上がるので分かりやすい。
    問題はCP過多になる事か。
    心攻撃を請け負うキャラなら、どの組み合わせでも問題ないだろう
    好相性クラス;紋章術士、邪竜導士


    ●ペインヴァイパー
    状態異常特化
    基本的に前に出れるのがダークネスクローク(あるとすればタイラントピラー)だけなので実質後衛向きと言える。
    基本的に状態異常をばら撒くアビは射程が付いているので問題ない。
    前に立って電刃衝もあり得なくはないが、前に立つキャラは前に立ち続けるのが仕事なので個人的には本分外の事とお勧め出来ない。
    取り敢えず性能が跳ね上がるアビリティは
    ・気高き銀狼(拘束) スキュラフレイム(魔炎、毒、出血)、バッドラックシュート(不幸)、鮫牙の矢(HP回復不能、出血) 影縫いの矢(拘束)、電刃衝(マヒ)、眠りの歌(眠り)
    あたりか。
    よって
    好相性クラス;忍び、牙狩人、紋章術士、邪竜導士、吟遊詩人


    ●タイラントピラー
    ダークネスクロークと並ぶもう一つの防御系召還獣
    行動をほぼ阻害されない+耐え切れるだけのHPを確保する真っ向勝負なスタイル。
    回復の供給をたたれない為に医術士が活性化すると手強い。
    また、狂戦士、邪竜導士、吟遊詩人の反動アビリティが格段に使い勝手が上がる。
    どの位おとろしい召還獣かは、まぁ。
    前衛が活性化させてもいいが、Pガードまで考慮に入れるとダークネスクロークの方がという場面もあるので。
    好相性クラス;狂戦士、医術士、邪竜導士、吟遊詩人


    こんなところか。

    追記は私の運用方
    [READ MORE...]
    スポンサーサイト
    【2006/05/28 13:45】 雑惑 | COMMENT(0)
    背後日記
    人生の経験値バトンを書いたらセッションタイムアウトなるもので投稿がはじかれてしまった。
    だから不登校児になろうと思う2X歳。
    代わりに日記でも書いてお茶を濁して汚したので饅頭ください。

    夜勤明け。
    眠い。
    視界が明るい。
    今なら多分アーマードコアのマシンガンを避けれる。きっと。
    そんな馬鹿なことを考えつつ駅に急ぐ。

    ショートカットで駐車場を通り抜けようと試みる。
    …中ほどで関係者以外通り抜け禁止の看板を見たので引き返した。
    結果、電車にタッチの差で遅れた。
    脳内で「だから貴様はアッガイなのだ!」と叫ぶステキ三つ編み某マスターの雄雄しき渇が勝手に再生。
    なんか中途半端な悪事をしようとして思いとどまってまっとうな道を歩いたらハッピーエンド行きの流れに乗り損ねた小悪党みたいだとか。
    むしろ「覚悟がないならするな。踏み込んだら最後まで行け」なのか。


    なんだか人生の縮図を勝手に電車一本逃したことに感じつつ喫煙コーナーへ。
    …自分が吸うタバコ(JhonPlayerSpecial)はなぜかあまり売っている店を見かけないのでカートン買いを検討しつつ火をつけようとする。

    つかない。
    オイルライターのオイルが切れているようだ。
    滅多に吸わないので吸おうと思うときにはオイルが切れていて吸えずに終わる、全自動喫煙システム。
    やっぱりカートン買いはボツだ。

    しかたがないので単曲リピートになってるMP3プレイヤーを久々に弄る。
    …親父殿は延々と同じ曲を聞き続けれる私は異常と評してくれたが実際のとこ名曲は何度聴いても気にならないから名曲だと思うのだがどうか。
    というか集中し始めたら聞こえなくなるのでずっと聞いている感覚はない。
    そういえばこの間TUTAYAでDorisrというアーティストのCDを見かけたのでレンタルしたんだった。
    むげふぁんのドーリス嬢の名前はそっちから来ているんだったか。
    セイレーンもそうだったしな。
    でもMP3に落としてないんだよなぁ、と思い出すだけにして実際はガンズ&ローゼスのやかましいシャウトをセレクト
    …しようとして手間取ってるうちに電車が来た。
    電車の中での記憶がないのは立ったまま寝たと思われる。

    さて、自宅待機時間を無駄に過ごすか、とバトンを書き始めたが(以下、上に戻る)
    【2006/01/24 09:29】 雑惑 | COMMENT(0)
    数字とか
    数字とか能力値。

    実際のところ必要悪なのだろう。

    本来は唯の目安であるべきだ。
    ただその目安に拘る事で勝率が上がるのなら幾らでも拘った方が楽だと思う。
    ……とは言え数字うだうだ弄るのは面倒だし別に義務でもないので良いか、と思い始めた。
    故に表で数字云々を言うのはもうやめている。

    所詮計算しきったところで目安だ。
    確率は確率でしかない。
    …それは判っている。
    その目安を「任せりゃいい」「勘弁」とかいわれてしまったが…。
    …まぁ計算せずにそういうのが直感的に理解できる天才肌なんだろう。
    僻みや嫌味でなく、羨ましい。
    せせこましく計算して勝率を上げようとしている自分が矮小に思える程に。

    まぁその程度だから自分のためにだけ計算しておけばいい。
    だから表ではもう話題にはするまいと黙っている。

    必要な能力値の目安も判っているだろうし、まさか壁に不向きなそれをクラスだけで判断して「壁になれ」とは言うまい。
    …所詮その程度だ。

    敵の能力値とおおよその攻撃力は見当がついた。
    ならどの程度の能力値とHPがあれば位は想像がつくだろう。

    ただ。

    幾ら矜持やプライド、経験を誇っても彼我の能力と冒険者としての経験の差は歴然としている。
    あらゆる場面で彼らの方が上なのだ。
    幾つかの例外――情報力と…心能力を除いて。
    (心能力も成功度の上限の都合上数字が勝っていても実際はタメ以下だったりするが)

    数字を意識するたびに、どうにか勝ちを拾い続けている今に驕ってはいられない、と。気が引き締まる。

    所詮は私なりのお守りだな。
    精神安定剤でもあり兜の緒であり、ささやかな道標。

    って事でLv上がってるし道具の最適化でもするかナ…。
    えーと敵の構成が…(ぶつぶつ)
    【2005/12/08 03:21】 雑惑 | COMMENT(0)
    言葉。再会が自覚させたもの。
    さて、久々に筆を取ったものの

    書く内容はかなり頭が悪い事を自覚して書きます。
    ・・・イラスト練習日記にでもしたほうが良いんでしょうか。

    それはある日駅で。同窓会で。道端で。旅先で。もしくは駆け込んだトイレで。
    色々なシチュエーションはあると思いますが・・・。
    その友人とはかつて仲が良くて、暫く会ってなかったとすればきっとこんな一言が会話に出ると思います。

    「お前、変わったなぁ」


    お決まりの文句です。まぁ、同じくらい「お前は変わらないな」と言われることも有り得るのですが。
    変わったな、といわれる根拠はなんでしょう。
    勿論、昔の(彼の記憶の中に居る)貴方との差を認めたから出てくる発言です。
    しかし、そんなつもりは無いかも知れない。
    むしろ変わったのはお前のほうだといいたいかもしれない。
    そして会話して微妙にギクシャクするかもしれない。
    何故?

    人間は常に経験し学習します。
    絶えず変化を続けて居るといっても良い
    しかし毎日会って居る人に
    「お前変わったなぁ」
    はないでしょう。
    それほど急激に一日で変化する人はいません。
    誰かが気付くほどの変化が一日で起こりえるはずもなく・・・いや、例外はありますが。親しい人をなくしたなど色々。
    共にゆっくり。同じ経験をして同じように変わる。
    だからこそ見え辛い変化。
    それが間をおいて会えば、互いの経験が違うために、もたらされた差異は大きくなるでしょう。
    そして
    「お前変わったなぁ」
    といわれるわけです。

    会話がギクシャクするのも経験が違うからといえるでしょう。
    「赤」という単語から赤十字、薔薇と想像する人もいれば炎、血と連想する人も居るかもしれません。
    言葉一つに対するイメージが違えばそれは同じ言葉とは言えない場合もあるわけです。
    もう少しわかりやすく言うと
    「その店は郵便局横の大きい建物の中にある」
    という説明を受けたとします。
    その「大きい」でどれほどの大きさを想像しますか?
    貴方が過去に見てきた大きい建物にその大きさは準じると思います。
    関係が近しいほど同じ言葉を話します。
    それはきっと心地よい空間でしょう
    しかし、月日がもたらした変化はそういう言葉すら失うかもしれません

    もし、貴方が久々に会う旧知の間柄に出会ったなら。
    お互いの間にもたらされた差の理由を少し楽しんで見るのも良いでしょう。


    【2005/03/13 06:56】 雑惑 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    ロールプレイ -悪人-
    RPGとはロールプレイングゲームの略である。
    ロールでプレイするゲームである。
    とりあえず意訳すれば役割を演じるゲームである。

    その役割が世に五万と有り触れた【救世主】やら【勇者】だったり。
    はたまたただの一般市民だったり。
    まぁ、その辺は色々だがとりあえず家庭用ゲーム機で一人で遊ぶものは大抵【世界を救う】などの大きなことを成し遂げる人の役を演じるようだ。

    対して。・・・対するも何もこちらが元なのだがTRPGというのがある。
    テーブルトークRPG。つまり机の上で人の手でゲームを進行して行くRPGである。
    こちらではゲーム会社がシナリオを作るわけでもなんでもない。
    選択肢は提示すらされず、自分で考え自身の手で選べる。
    ――それは演じる役割さえも。

    さて。
    まぁ、基本的なTRPGでも悪人を演じることを勧めるゲームというのは少ない。
    が、PBM(プレイバイメール)といった、遠くはなれた大人数が手紙で自分の行動を意思表示し、それを集計して結果が出るものや。
    それを模して出来た定期更新型ネットゲーム。
    またはウルティマなどに代表されるMMORPG(大人数同期型ゲーム)等。
    こういったものには時として「悪人になる」ことが出来る物もある。

    例えば取引において詐欺行為をしたり。
    窃盗行為をしたり。
    直接的に殺人(プレイヤーキャラキル)を行ったり。
    まさに極悪非道。
    力こそ全て。

    しかし。勿論そういうことを行うからには代償が付きまとう。
    他のプレイヤーからは嫌われるだろう。悪名を得れば得るほど。
    プレイヤー同士の取引も出来なくなるかもしれない。
    まぁ、とりあえず友達になれなくなる人間は間違いなく、増える。

    だがそれはまだいい。コンピューターゲームなどである以上、NPCは決められたことしかしない。
    今日も街の道具屋はまるで教会の如く悪人にも分け隔てなく、何時もニコニコ世界統一価格、バーゲンぐらいしないのかと営業努力の欠片も見られない決められた値段で体力回復アイテムを売るだろう。

    ・・・だが。
    NPCの店員にだって人格はあるべきだ。
    そしてTRPGはそれが表現できる。いや、しなければならない。
    現実ではなくても現実に即した反応があるはずだ。
    ・・・店が使えなければゲームにならなくなるからそれは困る?
    知ったことではない。それが悪人の道を選ぶ代償である。

    この間、生ぬるい「悪人」を定期更新ゲームで見た。
    ロールしているチャットに於いて「他キャラに嫌われたくない」というPKが来たのだ。
    ・・・無茶を言う、と正直思う。
    しかしどうやらそういうPKが増えて居るらしい。
    人はぶん殴りたい。でも人気者で居たい。
    なんと虫のいい話か。

    悪人ならば嫌われるべきだ。
    いっそ名前を見ただけで舌打ちされるべきだ。
    取引になど応じて貰ってはいけない。詐欺目的なら別だが。
    誹謗中傷を2chに書き込まれるべきだ。
    名を晒され、そしてその世界に悪名を売るべきだ。
    どうしても友達がほしくなれば悪人の友達を作るが良い。
    だが隙あらば殺せ。裏切れ。カモにしてしまえ。

    「悪人」も、質が落ちた。そう思う。
    【2005/03/07 13:21】 雑惑 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。