一生一死
いや、ジャンルは大嘘ですが。
PROFILE
シャオルン
  • Author:シャオルン
  • このブログはのっとった!

    ※この作品は、有限会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、有限会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
    イラストの使用権は作品を発注した相模に、著作権は 黒葉ケイ に、全ての権利は有限会社トミーウォーカーが所有します。
  • RSS


  • CALENDAR
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    RECENT ENTRIES
  • うん。まぁ、アレだ。(02/20)
  • 背後の年末(01/01)
  • たまには(12/29)
  • うしろのじじょう;斜陽(11/21)
  • (´・ω・`)(11/14)


  • RECENT COMMENTS
  • BlogPetのコダマ(12/18)
  • BlogPetのコダマ(12/11)
  • BlogPetのコダマ(12/04)
  • BlogPetのコダマ(11/26)
  • BlogPetのコダマ(11/19)
  • BlogPetのコダマ(11/12)
  • BlogPetのコダマ(11/04)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (1)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年06月 (5)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年11月 (18)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (12)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (9)
  • 2005年05月 (4)
  • 2005年04月 (16)
  • 2005年03月 (5)


  • CATEGORY
  • 未分類 (102)
  • 設定 (7)
  • 雑惑 (5)
  • 日記 (1)
  • 駄文 (14)
  • 脳内物質垂れ流し文章 (17)
  • 思索ネタ (0)
  • ノルグランド傭兵大隊従軍録 (39)


  • LINKS
  • 管理ページ
  • シャオルンのステ画面
  • ユンシャオ
  • ルンフォン
  • アヤナ部屋
  • 叢 -Gagaga's Diary-
  • 組長日記
  • ルーシェンの日記
  • baroQue-nightMare
  • リュウの小部屋
  • 無限な感じのファンタジア
  • 紅薔薇の住処
  • SILVER WOOD
  • ナポポラッサルの「徒然なるままに」
  • アルグの手帳
  • ユウとリチェの部屋
  • ドリアッドの森
  • ヒモロギ護衛士ルルルの楓華見聞録
  • 無限のファンタジア体験記
  • 月下の鎮魂歌 -Requiem under the moon-


  • SEARCH


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    うん。まぁ、アレだ。
    …スパムウザス
    スポンサーサイト
    【2008/02/20 21:59】 未分類 | TRACKBACK(0)
    (´・ω・`)
    背後です。

    昼食。
    うどん屋。
    コンクリの段を上る。
    暖簾をくぐる。
    目の前には自動ドア。
    赤外線感知と感圧のオーソドックスな代物。
    踏み込む。
    自動ドアの前に立つ。
    ワンテンポおいて中に入ろうとする。





    ガツン。















    いやね。
    自動ドアってふっつー、センサーが二重にあるわけですよ。
    感圧&赤外線。

    両 方 か ら 無 視 さ れ た 

    開かない自動ドアと不審げな中に居る客の視線。
    感圧に望みをかけてその場でジャンプする不審者。
    入り口でなんかやってる不審者を恐れて遠巻きに見る外の客。
    赤外線ならどうだと行ったりきたりする不審者。

    結局店を出る客に反応してドアは開きましたとさ(´・ω・`)




    私、ここに居るよと叫びたかったとある真昼の事。そんだけ
    (以下、最近の不調状況)
    [READ MORE...]
    【2006/11/14 00:55】 未分類 | COMMENT(1)
    自分が自分である程に。
    自己を形作る主義や正義が己を縛る。
    自己を定義する価値観を研ぎ澄まし、自己を確りとさせる程に。
    揺らぎを失い、許せなくなる。
    己を。他人を。


    と、こ難しく言ってますけどね。
    好きとか嫌いがはっきりするほどに人間、他人に「キツイ人」と呼ばれる人になりますねーってだけの事。
    長く生きていると「コレは正しい」「コレは常識」というものが増えて、その分許せなくなるものが増えている気がします。
    価値感情、正しいと思う反対側で赦してはいけない事が出来ている訳ですから。
    …ソルレオンもそうだったのかなー…。
    頑固は、正義の遵守の裏返し。彼らともう一度会話がしたい。

    以下背後領域
    [READ MORE...]
    【2006/10/11 18:34】 未分類 | COMMENT(0)
    人と人の距離感というのは難しい。
    距離のつめ方は人それぞれだが…
    その際に無礼を働いていないか非常に心配なときもある。

    だから基本的には距離をとりがちなんだけれども。
    その分たまに距離をつめた行動をとれば「何様だ」と言う事になりかねなくて。

    うん、気をつけよう。
    その手で失敗しすぎだ
    【2006/10/03 11:55】 未分類 | COMMENT(0)
    どうでもいい話(背後)(BlogPet)
    ほんとうは、シャオルンは
    東京魔人学園を超える学園物があると?(召還g(ry」
    「なんでそんなにプッシュしてんだ…
    とか思ってるよ。

    *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「コダマ」が書きました。

    【2006/06/27 11:56】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。